スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のあなたが一番若い!

今日の南港百景


嫁さんの口癖は「今日のあなたは一番若い」
これって誉め言葉?それともからかい言葉?

ちょっと小耳にはさんで聞けば
「なんだって?ばかにしてるのか」と一瞬思います。
でも言い換えると「今日のあなたは生涯でいちばん若い!」ということで、
プラス思考で聞けば、何年生きてこようが、たしかに
明日よりは今日のほうが若いわけで、
来年のわたしは今年の私より一歳若いわけですね。
「今日が一番若い…」
これは警句のように聞こえますが、なかなか含蓄のある言葉です…。

 家族の中で一番若いのは…となると、
それはもう赤ちゃん以外にはありません。
(ひょっとして娘の体内にすでに新しい生命が宿っていれば、別ですが…)
 赤ちゃんのころは体内の水分量が体重の約80%ありますが、
アンチエイジング的に見れば、加齢に伴い70%・60%・50%と徐々に減少していきます。
 ヒアルロン酸が不足してくると、シミ・シワ、関節炎、老眼などの現象がみられるようになります。
 それら老化現象がみられる箇所は、もともとヒアルロン酸の量が多い箇所です。
 フィジカル的に言うと、ヒアルロン酸はムコ多糖体の一種で、優れた保水力があり、生体の水分を保つ上で重要な働きをしています。
 さらに体内の細胞を活性化し、必要な栄養素を必要な場所に運ぶ働きもします。また、活性酸素の除去や、細胞の劣化防止にも役立っています。
 なぜ「保水力」が「美肌」「老化防止」に役立つか、といえば
ヒアルロン酸はわずか1gで6リットル(6000倍)の水分を保持できる基礎になっているといわれているから…。

 では、天然のヒアルロン酸はどこに大量に存在するのでしょうか?

 人間だと、皮膚や関節、目、脳などのさまざまな部位に存在しているのですが、哺乳類でもおなじように、牛の目にある硝子体の中や、動物の骨関節中のヒアルロン酸、ニワトリのトサカなどに天然のヒアルロン酸が多く含まれることが分かっています。

 その中でも安定した数を確保できて、何百年も前から食料として愛用されてきたニワトリのトサカを原料としたヒアルロン酸が、歴史的にも昔から使用され、実績があります。

 その天然由来のヒアルロン酸を内から摂取しましょう。

関節、膝の痛みでお困りの方は、今すぐ『なめらか生活応援隊』へ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

応援

コメありがとうさんです。
私もビッグカメラを・・・

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。