スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈む船から鼠が逃げる?

ヴィーナスセブン
読売によると

「橋下改革余波、医師職11人退職…予算減で「思う仕事無理」
…4分の1にあたる11人が3月末に中途退職」。


 医師の資格をもって公衆衛生政策を担当する大阪府の医師職の職員45人のうち11人が3月末に中途退職するそうな。

 橋下徹知事の財政再建策に伴う給与カットや担当分野の予算削減に対する不満などを退職理由に挙げ、「橋下府政では思うような仕事ができない」と明かす退職予定者もいる。橋下改革への不満が府庁内部から噴き出した形で、府は「職員の士気が落ちている証し」と危機感を募らせる。

 府によると、医師職は医師免許を持ち、府健康福祉部で医療行政を所管するほか、14か所ある府保健所で衛生や保健業務を担っている。例年、医師職の中途退職者は2~3人だが、今春は11人が退職を希望。行政事務を担う3人と保健所長ら出先機関の8人で、部次長級の幹部職員も含まれている。
 退職後は、民間病院で医師として働いたり、他の自治体に転職したりするという。

 府は昨年8月から医師職を含めた一般職員の基本給を最大16%カット。また、生活習慣病の研究や循環器疾患の予防などに取り組む府立健康科学センター(大阪市)の新年度運営事業費を前年比約4000万円減の6億7000万円にカットするなど、医療対策費の削減も進めてきた。

 退職予定者はこうした財政再建策に不満を漏らしているといい、退職する課長級職員は「すぐに結果を求める橋下知事の下では、成果が見えにくい研究や、予防業務に、十分な予算措置を期待できない」と話す。

 府は大量退職を受けて、府内の自治体に派遣している医師職を引き揚げる一方、医師職採用の年齢制限を従来の「40歳」から「64歳」に引き上げ、随時採用する方針。府幹部の一人は「予算のカットで、仕事へのやる気を失わせてしまったといえる。

 府職員の人件費削減を巡っては、退職金の5%カットを実施する直前の昨年7月、カット前の金額を受け取るための「駆け込み退職」が続出。前年の3倍を上回る33人が府庁を去った。入庁希望者も減り、高校卒業者を対象にした今春の募集では志願者が前年度比36%ダウン。府立5病院の看護師採用でも応募数が定員割れした。

                              3月29日 読売新聞

 タイトルに書いたように
橋下氏は府職員の給与水準を全国最低水準に抑える大ナタをふるった。
その影響が早くも現れたということで、
「医師職」のようにツブシが効く資格で給与カットされたら
ネズミの如くはやばやと沈没船から逃げ出すのも道理だ。

しかし、この人たちはまだいい。
ツブシがきかない一般職や教職などの職員は
逃げ出したくてもおいそれとは行かないだろう。

むには府職員の知り合いはないし、
WTCの府庁移転にはむしろ
「前例のないことこそやる価値がある」とまで好意的だったが、
就任1年にして、だんだんメッキが剥がれてきたように
思われてならない…。









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

年年歳歳花あい似たり…

なおさんこんにちは。
花は年々同じころ、同じように咲いて楽しませてくれますが、人は年月とともに変節するものでしょうか?
最近も年来の友人と疎遠となり「私も人を見る目がないな~」と嘆くことがありました。
いやですね~私は恩義を忘れない人間でありたい…。
これは橋下さんとは関係ないですけど。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。