スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一の聖子

20130510162903-IMG_5342.jpg←クリックで拡大(長野市街地から車で約20分の大谷地湿原(おおやちしつげん)。

漱石風に言うと
「わたしはたった一人だけ愛する聖子がいる…
つまりM聖子やH聖子や聖子だらけのなかで
たった一人孤塁を守っているのが、
かの「お聖さん」なのである。

『苺をつぶしながら』を図書館で見つけ
再読して、またお聖さんの語り口に魅せられた…。
『お気に入りの孤独』
『花狩』
どれも中中の味わい…。
何がいいって、ひとことで評すれば
「句読点」のあしらいが秀逸である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。