スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の雫を入れる器をもて…

wtc炎上
余のローマが燃えておる
と言ったのは
暴君(といわれている)ネロである。
 そのあとに続くフレーズは
なみだの雫を入れる壺をもて…」
であったとか。
自ら放火させて燃え上がる
おのれの都を見て
ネロは、こんなことをほざいたらしい。

いま若葉の季節、夜明けは早い…
4:44にはしらじら明け、5時になるとは
南港でも巨大な朝日がのぼってくる。
これを来迎といった古人の感覚は正しい。

その圧倒するような朝日のエネルギー、
それが
WTCの鏡面に反射する一瞬、そのほのお、
この角度を捉えると、
まるで
巨大な塔が根元から燃えているように見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつもコメントありがとうございます。

ご邸宅からシャッターを?
太陽は、高層ビルの階下からスローなエスカレートに乗って天に昇っていくのですね・・・

てふてふはお花にとまりました。
奇跡でしょうか?
どうぞいろいろ使って楽しんで下さいね。

むにさんごめんなさい。
ミスです!

スローなエレベーターの間違いです。
訂正してお詫びします。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。