スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災2年とボランティア

suguni←クリックで拡大

大震災2周年の報道を見ていて
その当日の2日後にyyと
山上で交わした会話を思い出した。

むに「津波の恐ろしさを痛感したね」
yy「わたしすぐにでもボランティアに行きたい!」
む「気持は解るが僕らには仕事があるから…」
yy「でもいても立っても居られない」
陽子の表情は真剣だった。

思えば、震災や津波は他人事ではなかったけれど
2年前の3月は、私にとってもyyにとっても
たくさんの問題が山積していた時期だった。
彼女にとっては夫とともに帰郷する手はず、
(多分、研究員としてのオファーは無かったのだろう)
むににとっては最終に近くなっての
気づつなさ…。寂寞のかんがい…。それらが一度に襲ってきていた。

いちにち一緒にいると、こもごも何気なく言葉をかわす。
わたしは仕入れたばかりの知識を披露した

む「`津波てんでんこ’って言葉が三陸地方でいわれてたの知ってる?」
私はそれを「津波が来るって聞いたら親子でも誰でも即座に
てんでんばらばらでもいいから、とにかく高台に逃げろ!
という教えなんだよ…」とyyに話した。

そして、この森トークをした日に帰宅後たしかめた。
たしかにそれはその通りだったが、
今回の震災にはそれが生かされていなかったこともわかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。