スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀のネロになるか

WTC&Moon

かつて橋下がWTCに恋したことを書いた。
それは彼の自己顕示欲の象徴だったからだ。
その疑念は消えないが
今日読み終えた「橋下劇場」という本から
いろんなことを学んだ。
逐次書いていこう
1.は
まず彼はかつて思っていたように
一般うけを狙うだけの「単なるタレント政治家」ではなかったらしい。
あくまでも「らしい」である。
もともと大阪には中央に対する根強い抵抗マインドがある…
だからこそ横山ノックのようなのも出てこれた。
また平松さんのようなアナウンサー出身でも市長になれた。
これらは同じ大阪風土である。
そういう風土があって、橋本は知事に当選できたのである。

逆に言えば、こういう反骨心、東京への対抗心がなければ
タレントが議員や首長にはなれないのである。

この項つづく

橋下に関するこの本を読んで私は認識をあらたにした。
それは橋下の再評価だ。
こいつは単なるヒトラーではないのではないか、
という感想である。
書き出すときりがないので
次回に譲るが、『橋下劇場』読売新聞大阪本社社会部編
を読了しての感想だから、それなりに
是々非々もあり、また毀誉褒貶もあり
あとに続くものである。
21osakaNero
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。