スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハシズム(独裁への道)…教育オンチ

霧雨のWTC


名言を見つけた

 維新の会の「あの教育基本条例」を起草した人は
骨の髄まで市場原理と競争原理に毒されている。(そのとおり!)
教育は商品である。子供や保護者はクライアントである。(教育は商品ではない!)
最も少ない代価で最も上質な商品を提供する教育機関が淘汰に耐える(つまり塾が栄える!)。

(この条例案にも)「学び」とか「成熟」とか「公共の福利」といった言葉は一度も
でてきません。15,000字もある条文の中に一度も出てこない。
「市民」も「公共性」も出てこない。出てくるのは「競争」とか「人材」とか
「グローバル」とかいう言葉ばかりです。

 教育の目的は競争に勝つことだと書いてあります。
彼らは「激化する国際競争」にしか興味がないんです。

内田樹氏の講演から。神戸女学院大学名誉教授2011/10/17
『ハシズムを許すな』ビジネス社刊


橋下は当選以来
なぜかWTCの巨塔にラブコールをおくりまくった。
こういう目立つものが好きなのだ。
これを権力志向と言わずしてなんというのだ。

それは彼が政界に現れていらい
一貫して変わらない。
テレビ志向というのは一言で言うと「一瞬芸(いっしゅんげい)」
それを若い人は政見と勘違いする。
75万票に対する平松さんは50万票。
ザックリ見れば大阪市民を二分している、という感じがある。
(しかし私は平松さんに入れたわけではない。
橋下の圧勝を予感してサジを投げたのだ…
つまり大阪市民をやめようと思った瞬間だった)
これほど僅差なのに、
なのに橋下が独走する。
これが多数決による民主主義なのだったら
民主主義などくそくらえということになる。

ほんとに時代は変わっているんだと思う。
しかし、このような右傾化を許しているのは
時代の進行だけだと言えるのか?
わたしは大きな疑問だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。