スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖子の口ぐせ…②

ブックオフを飛び出した[むに]は
図書館へ突進した
何年も行かなかったので
入口を間違え
あやうくガラス戸に衝突しそうになった

なんとか図書室に入れたのが4時44分
この時刻は朝にも縁がある

『私的生活』をついに発見したが
時刻は閉館の5時…5分前
これは読んでいるひまはない
エイッと借りることにしたら
なんだかカードを作れと
メガネの司書さんがのたまった。
4月26日までオーケーで
タダというからあ~りがたい…
そういえば調べ事は何でも
ねっとでやっちゃうもんな~。

さっそく冒頭から読み飛ばす
それこそ
「盥(たらい)のような眼で…」
これは[むに]の好きなフレーズ
一字も読み落とさないという
鬼の校正マンの
哀しい職業病…。
ところが数ページ進むと
いつのまにか
文字探しそっちのけで
ストーリーを追っているではないか
すっかり聖子調が
[むに]に乗り移ってきている…
う~む、これはまたまた
トリコになりそうだ。
むかしはこんな文体で
書いていはったんや~

あれも使える
これも粋な言い回しだ

結局数時間で
一気に読み終えてしまった…。
しかし
「雨か蛇か」のフレーズは
なかった。
不思議だな~
たしかに無かった。

それにもまして
例の
「美しいったら、なかった」
という
聖子の口癖まで…
行方不明なのである。

これは[むに]の理解を超えた。
 ??? である。

そこで思いついたのは
借りた本が「復刻版」だったので
お聖さんが改版を機会に
手を入れはったのか…?

[むに]の単細胞な脳では
こう思えたのがせいぜいである。

どうにも、これでは言い出しッぺの
恰好がつかない。
ほかの本とごっちゃになったのか…
それなら、なおさら読者さんに
言いわけが立たぬ。

そこで二つの善後策を考えた

……( この項つづく )……
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

先ほどはコメントを有難うございました。
私の方に頂いたコメントのお返事にも
書かせて頂きましたが、「雨か蛇か」は、
『私的生活』を含む三部作の、他のタイトルの本に載っていた可能性があります。
機会がございましたらご確認くださいませ。
前の記事で 私のブログに触れて下さってたのですね。
ありがとうございます(^-^)

よんちゃんさん、コメント有難うございます。
へんなおっさんから突然のお尋ねでビックリされたでしょう。
そうですか第2作以外に出ていたのですか、1作目と3作目は、どうも読んだ記憶がないのですが、ともかくこうなれば意地でも探索するつもりです。
出身校が京都というのも何かの御縁…
お許し頂けるのならリンクなどもお願いしたいと存じます。
わたしは人畜無害の[むに]ですので…。

なんだか、前の記事も含め、
さくさく読めてしまう・・。
続きが気になりますヽ(*⌒∇⌒*)ノ

本を読んでいると「?」って
思えたりする内容と、
うまい言い回しがてんこもりですね。

いまさらではありますが、
リンクをお願いしてもよろしいでしょうか?
宜しくお願いします。

こんにちは。
自分もブログをしていながら
リンクすると言って頂いていることについて
自分がどうしたらいいのやら???
具体的にどういう作業をしたらいいの?
とわかっておりません。
どうしたらいいんでしょう???

takaさん、WELCOME*2です。
あれ~まだでしたか?
とっくの昔にリンクしていただいていると思っていました。
まだでしたら、やり方をお教え下さい。

見つけました!!
さっき、こちらにお邪魔した時に
まだ見つけていらっしゃらないことを知り
今、探しました。
実はうちの前、図書館なんです。
「田辺聖子全集6」というのを借りてきました。
これには三作ともが収録されているのです。
それで探した結果、“雨か蛇か”は
『苺をつぶしながら』の中の言葉であることがわかりました。
剛と乃里子が離婚したのち、雨の大阪で再開します。その時にこの言葉が出てきます。
(^_^)v

よんちゃんさん、VERY、VERY THANKSです。
実は今、貴ブログに書いて帰ったばかりに嬉しいコメントにぶつかりました…。
そうですか!
やっぱり貴女の方が数十段すぐれている。
とうとう[むに]にも
認知症がはじまりましたか。
いずれにせよ、
大深謝、大感涙です。
さっそく確かめて読者のかたがたに
お詫びいたします。

しかし「ユーミン」の歌詞につづいて、書いておられた、最近の歌手の「うた」についてのよんちゃんさんの感想には、まったく同感です。

yonchan say
>>情景をうたっているようで、なのに視点が自分すぎる詩が多いのかしら?<<

こういう風に感じるのは私も歳とったせいでしょうか?
でも、人を思いやるやさしい感性というのは世代を超えるとも思うのですけどね…

  

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。