スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川洋実さんの生の声

「管理職ユニオン・関西 」に載っていた有川さんの談話を転載します。
http://www.mu-kansai.or.jp/

パート・アルバイトもダブルワーカーの不安

 そういう状態なので社員は続かないが、調理人だけは12万円でも続けます。
やはり「吉兆」という看板がもらえるという勉強している意識が高いからです。
調理人はそういう状況でも続くけれど、そうでない部署では続かない。
私はアルバイトです。そういった社員の実態を知っていたので、社員よりもアルバイト、パートの方が働いただけの時給がもらえるので入りました。
ただパートだけになると、シフト制になり、人数が多い時はシフトが減らされます。
メンバーが少ないときは稼ぎ放題ですが、人数が増えると、逆に休みを取らないといけませんので、他に仕事を探しダブルワーカーという形になっていきます。
 ダブルワーカーのなると、忙しい時に来てくださいと言われても行けなくなる。その辺でかなり仕事や生活が不安定になります。
実際、私は3つぐらい働いていた時もある。
かなり不安定です。
とにかく仕事が減らないように経営者4人に気に入られようと不安定な状態をなんとか自分の努力で不安を消していこうとしました。
これは、先ほど池田さんが言った「卑屈になる」というのがすごくわかります。そういう感じの所に押し込められていく感じはありました。

労基法違反だらけの職場
 船場吉兆での労働基準法違法ですが、まず保険については雇用保険、健康保険、厚生年金が付
いている人と付いていない人がいます。
付いてない人と付いている人の違いがよくわからない。
職安を通じて入ってきた人間には、パートでも何か付けているようです。
そうでなく紹介とか雑誌とか見て入ってきた人間には、ごまかしなのかわからないが、付けていない状態と思います。
有給休暇はもちろん付いていません。これは社員の人に聞くと「聞いたことがない」と言われました。残業手当も深夜手当も付かない。
私の職種の場合は午後10時を超えるのは当たり前で、遅い時は11時半まで働いた。この深夜手当は一切付いていない。
フロントだったので、就業中にレジの打ち間違いなどした場合は必ず弁償です。
店に池があり、一度接客中の人が池の水をこぼしてフロアじゅうに水がこぼれたが、それも弁償させられました。
同じフロントの仲間がレジで会計の時に客席を間違えて4万円ぐらいの差額を出してしまい、それもその人が払いました。
そういうことも平気でさせる会社です。
 会社のそういう労基法違反に自分にどういう気持ちであったかと言うと、まず有給休暇を取れることを知らなかった。
残業手当、深夜手当が出てないのは知っていましたが、こういう会社だから仕方がないと諦め、その中で取っていこうという意識にはならなかった。これは私も良くないと思います。

組合に入り労働3権を使った爽快感
 企業外にも労働組合があるということも知らなかった。
今回、労働組合に加入して、いろいろな権利を行使することになりました。
憲法第28条にある「勤労者の団結権」など労働3権を今回全部使うことができたので、すごく良い経験になったと思います。
まず、団結権を使って思ったことは仲間との連帯感、それは本当に爽快感がありました。
団結して、みんなで集まって、同じ問題に向かって立ち向かう時の気持ちはすごく良かった。
組合結成を通知したことによって、最初は怖かったのですが、逆に会社側は何も言いませんでしたので、自分は法律によって守られたという安心感もできました。
団体交渉権を使うことによって、経営者へ意見を述べることができるという事実と、その交渉で少しずつですけれども、権利を自分のところに奪い返した時、やはり仲間と一緒に喜んだりしました。
あとは争議権ということで、怒りを解消することができたので、本当にもうこれ以上の爽快感はなかったです。

「濫用」ではなく労働者の当然の権利を守らせよう
 こういう自分の体験があり、私なりに今回格差が広がっていくことを考えました。
経営者側に問題があると思います。
給料を増やしたり、最低限の権利を与えることもしないで、自分たちに富を集中させている経営者がいる。
実際、労働者にそういう権利を行使させると会社が潰れる、などと言いますが、そういう人に限って船場吉兆へ食事に来たり、大きい家に住んでいる。
従業員に対して権利を使わせると雇用も増えると思う。
そういった経営者が富を独り占めしない形で、社会に分配していくような国になっていったら良いと思います。
 今回どうして自分のことをこうやってみんなの前に出て話しているかと言うと、自分たちパートという立場でもこれだけの権利があることを、同じような状態の他の人にも教えたいと思いました。
全部は取り戻すことはできないかもしれませんが、少しでも取り戻すことによって、自分の問題が社会に広がっていって、経営者にも危機感を与えて、経営者も従業員に対してきちんとした対応してくれる社会になっていけば良いと思いました。
最後ですが、大事なのは仲間だと思いました。
ありがとうございました。

アルバイト・派遣・パート関西労働組合 http://www.ahp-union.or.jp/
-------------------------------------------------------------------------
Created bytakaheims. Last modified on 2008-03-02 13:40:25
-------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

社員とパートの違い・・。
これだけの違いがあるという事は問題ですね。会社法にも、パートに雇用保険を付ける事は必須になっているはず。
儲け主体の会社のずさんさを物語ってますね。
今後、会社に対する締め付けが厳しくなるという記事を読みました。まだまだ会社の不正が出てくるかもしれませんね。
もう一度、会社も労働者とは何かについて0から学ばないといけないのではないかと思ってしまいます。

takaさん、コメント有難うございます。
3月17日に
「4月1日より「改定パート法」が施行されるとか」と書きましたが、
来月以降どれほどの問題が出てくるか、
ちょっと楽しみではあります。
しかし「噴出する」レベルになるには…
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。