スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南港の‘ぼんぼり’って

ぼんぼり3

思い立って今日はコスモスクエア駅から
ボンボリを遠望した。
昨年7月4日
生涯で一番うまい珈琲を味わいながら
箕面の ”わくわく広場”で交わした
‘森トーク'を想起した。

陽子「ぼんぼりってなに?」
むに「大阪人は提灯のことをぼんぼりっていうけど
知らない?」
陽子「長野じゃちょうちんかしら?」
むに「大阪では何でもそれなりにネーミングするんだ」

大阪市のごみ処理工場で、一風変わった面白い建物ができたので、
ぼんぼりと言ったんだよ…
でも中身が面白いんだね…」

陽子「どんなふうに?」
むに「ひと口で言えないんで…
一度南港に行って見てくればいいよ」

それ以後彼女は見に行ったという
報告は受けていない…。

この奇抜な外観の建物

建築デザインを手がけたフンデルトヴァッサー氏は、芸術の都ウィーンにおける世界的芸術家。フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーさんは直線を拒否する独特のポリシーを持った建築デザイナーだったが、この工場の竣工後1年で亡くなったらしい。
外観のドハデさだけではなく、内部にも手を抜いていない。舞洲工場には最新の高性能焼却炉が据え付けられていて、ダイオキシンも発生させる隙を与えぬ超高熱で処理する。粗大ゴミの破砕設備も備えられており、1日の焼却能力は900トン。
総事業費800億円をかけたが、当時フンデルトヴァッサー氏に支払ったデザイン料が 6000万円!というので税金の無駄遣いではと…物議をかもしたこともある。

http://osakadeep.info/50.shtm管理人/逢坂氏のブログ

建物内部のログは
http://29.pro.tok2.com/~chinspot/maishima02.html珍スポ氏のブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。