スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つなみ

3月11日14:46…東北関東大震災から1週間
長い長い7日間でした。
ところこそ違え
十数年前に大震災を経験した者にとって
現実を受け入れることは
本当に困難でした。
…夢であればいいのに…
瞬きしたら・・・元に戻っていればいいのに…
と何度思ったことでしょう。
TVから流れる映像は
当時より遥かにリアルで、
とても信じられないような光景でした。

ブログを更新することもできませんでした。

でも自分にできることをやるしかない。
義捐金、物資の援助、励ましのエール…


まったく他人事ではない!
奇しくも‘muniむに’は昨年3月13日に
津波に関する記事を書いている。

近く起こるであろう東南海地震
その規模が今回の地震並みであったら
大阪・神戸も同じような
大津波が襲来するはずである。


昨年書いた記事を
以下に再掲する。

大阪は海抜0メートル地帯が多い。
 海抜0メートル地帯とは、地表の高さが満潮時の平均海水面よりも低い土地のこと。
 古くから大小多くの河川と海に囲まれている大阪…
  しかし都市の発達とともに人口流入や資産集中が進み、都市機能や住宅が海面より低い土地に集中している。
  さらに昭和初期から工業用水として多量の地下水を汲み上げたため、地盤沈下が起こり目に見えない深刻な問題となっている。
 地形的にも大阪は大阪湾のいちばん奥にあるため、台風による高潮被害が発生しやすいという。
大阪府の海岸線は約230kmあり、人口や産業も集中しているため、高潮や津波による浸水が大きな災害となりやすいのだそうである。
 ところが、南港(咲洲地区)は埋め立て当初より土盛りなど災害を考慮した街作りがされてきたため、比較的安全だと主張する識者もいる。

 府庁舎のWTCへの移転が問題になった時も

≪上町活断層からは市内では最も離れている
 広域巨大地震時、液状化が心配されるものの(阪神大震災時は南港ではほとんどなかった)
 南海地震時の最大津波高さは2.9mと想定されているが地域の海抜は5メートル以上あり
 市内のゼロメート地帯や、広域にある海抜2メートル以下の地域よりは浸水の度合いが少ない
 またこの地区は木造家屋がほとんどなく、区画整理されており道路幅も広く
 火災による延焼の可能性は少ない ≫

という意見もある。
 だから災害時、大阪市のベイエリアのゼロ海抜地域が冠水して床上浸水しても
南港だけは浮島のようになって水没をまぬかれるという…。

 さいきん親しくなったヤクルトお姉さんは
南港のポートタウンにお住みなので
この話をしてあげると
たいへん喜んで、ほっぺにちゅ~をしてくれた…。

という夢を見た…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。