スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴岡八幡宮の石段

turugaoka
今年の初詣は鶴岡八幡と善光寺だったとか。
40年近く前のむに家の初詣は猪名川の多田神社だった。
ここも清和源氏の守り神社…。
また、その後は京都の石清水八幡宮だったので、
ここから1063年に分霊を由比ガ浜に勧請したのが始まりの
鶴岡八幡宮は親類のようなもの。
古くから源氏、そして鎌倉武士の守護神だ。

ご神木の大銀杏は、別名、「公暁(くぎょう)の隠れいちょう」
伝承によれば、1219年、鎌倉幕府第三代将軍の源実朝(1192-1219)を公暁が暗殺。
甥の公暁(1200-1219)がこの銀杏の木の陰に隠れて、実朝をうかがっていたとされている。

実朝は、写真の石段(モチロン当時の石段ではない…)で公暁に斬られ、首をはねられ、
落命したとされる。 
また一説では「石橋で」ともいわれ、八幡宮の社殿の中で斬られたとも…。
『承久記』によると、一の太刀は笏に合わせたが、
次の太刀で切られ、最期の言葉は「広元やある」だったという。
その後、妻は落餝し御家人百余名が出家。
実朝の亡骸は勝長寿院に葬られたが首は見つからず、
代わりに記念に与えた髪を入棺した。源氏将軍は三代で絶えた。

そのいわくつきの銀杏のご神木が、昨年(2010)三月、
強風で倒れた。
樹齢1000年とされるから
実朝当時ではこんな大銀杏であったはずがないが
… 
その後どうなったかというと

残った根から新芽が元気に出て、
密生している様子 
右は、倒れた太い幹を、根から4m上で
切断して移植したもの。
この幹からも新芽が出ている。
icyou
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

イチョウの生命力

こんばんは
この大イチョウは10年ほど前に見て驚きました。
そうなのですか、こんなに新芽が出て・・・
イチョウの生命力は凄いですね。
ご神木の大イチョウですものなおのこと。

隣の小イチョウの根が無数に地下から越境して
我が家の下水排水管を詰まらせた (>_<)
管の継ぎ目から水分を求めて・・・

ひこばえ

こんにちは。
ほんとに驚異的な生命力ですね。
当時のニュースでは、東京農大の先生がアドバイスして、あんなにひこばえが茂るほど復活したそうです。
一度鎌倉まで行ってみたいものですね…v-208
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/367919/
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。