スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッカーって怖い?

MasakoWakae
注目に値する気骨の記者があらわれた…

まだ新聞も捨てたものではない。
と認識を新たにさせられた。
……
読売社会部次長・若江雅子さんがその人だ
今月19日、読売朝刊のコラムに
『天才ハッカーを育てよう』
というチョットどきっとする記事が出た。
冒頭は読んでいただくとして、
「日本政府は何故ハッカーを育成しようとしないのか?」
という韓国男性の疑問がどうにも解りづらい…。
日本人にとって「ハッカー」とは犯罪者的イメージで語られることが多い。
が、世界の常識はそうではない、という。

インターネット技術の国際標準RFCによると、
ハッカーは「コンピューターやネットワークの技術の高い人」、
クラッカーはそのうち「技術を悪用する人」と
はっきり区別されている。

そして
 7年前の「第一回セキュリティ甲子園」(通称ハッカー甲子園)を
経済産業庁が企画したことがあったが
「子供を犯罪者にしてどうするんだ」という抗議が全国から殺到し、
結果、中止になった経緯を紹介している。
このコンテストは全国から選抜された高校生チームが
互いのサーバーに侵入を試み、技術と知識を競い合い、
優勝者には海外留学の特典…のはずが、直前挫折の憂き目を見たわけだ。

つまりは「ハッカー」という言葉のイメージが
日本ではクラッカー的侵入者と誤解されていたことが
おもな原因である。

こんな所にも極東のIT孤児と言われる一端が露呈したものだろう。

若江雅子さんは09年にも
[農林水産省による組合幹部「ヤミ専従」隠しに関する一連のスクープ]で新聞関係の賞を受賞している。

「まるで女子学生のような可愛らしい若江記者の顔写真」
という評もあるとおり、
この童顔からは「ヤミ専従取材班のリーダー」という
硬派の記者魂は想像もできない。
Y新聞は良い記者をとったものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。