スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベクトルが逆?

kyoka
色気と最も縁がないと思われているNHKで話題なのが、大石静のオリジナル脚本作品(総合、火曜午後10時)。
これを見たくてワザワザ水曜日に有給を取ったのに、酔っ払って見そびれてしまった。
 平日はたいてい8時ころには白河夜舟、まったき夢の中にある。
 

 或る評によると
…バツイチの出版プロデューサー・るい(鈴木京香)が17歳年下の行(長谷川博己)と危険な恋に落ちるという危ないストーリー。
 行の妻・万理江(深田恭子)との三角関係の行方が気になるが、見どころはなんといっても鈴木と深田の艶技。
 大物作家(草笛光子)に「服からおっぱいがはみ出しそう」と、からかわれるほど豊満な鈴木が豪邸の寝室シーンでのぞかせるブラジャー、タンクトップ姿からは、42歳の女の色気がムンムン。初回で早くも長谷川に唇を奪われ、回を重ねるごとに情熱的になっていく。深田の役は出産願望が強いという設定で、入浴する長谷川に扉越しに「私も入ろーかな」「きょうして」とおねだり。こちらもムチムチとしたボディーがたまらない。
 両手に花の長谷川noの感慨は「2人のエネルギーに圧倒されて、自分が『かげろう』になった気分」


 話は変わるが、かつてABCの朝の番組で
道上洋三さんが「最近は‘森ガール’というのが流行ってるらしい」といって、
「探検家植村直巳さんが何故山に登るか、と訊かれて 
”そこに山があるからだ” → ”山があ~る” → ”山ガール”…」
とダジャレを飛ばしていたが、
調べてみると、それは植村さんではなく、
G・H・マロリーだった。

ジョージ・ハーバート・リー・マロリー(George Herbert Leigh Mallory、1886年6月18日-1924年6月8日?)はイギリスの登山家。

マロリーが「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」と問われて「そこに山があるから(Because it is there.)」と答えたという逸話はあまりにも有名だが、本当にマロリーがこのような発言をしたかどうかに関しては議論があり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。