スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

69歳の大学生って…?

名古屋タイムスから拾った話題
すごい方もおられるものです…

古希の大学生「60歳からの主張」佳作に
■愛知学院大聴講生の今尾信行さん
 名古屋市名東区社口の今尾信行さん(69)がこのほど全国老人福祉施設協議会が募集した「60歳からの主張」で佳作入賞を果たした。
 今尾さんは会社を退職後、6年間愛知県内の大学へ通学。若い学生に交じっての講義、コンパで知的好奇心、若さに満たされている日々をつづり、そのさわやかな主張が評価された。
今尾さんが語る生き生きとした“幸福な老後”に耳を傾けた。(中)

■若者の中で日々新鮮
「インターネットを見て応募。入賞の連絡をもらいながら勧誘電話と勘違いして1度は電話を切ってしまいました」
 募集は60歳以上の男女が対象で小論文、俳句、川柳など。今尾さんの小論文は371作品の中から優秀賞、佳作計6受賞作の一つに決定、14日に表彰された。2002年から愛知学院大学(愛知県長久手町)の開放講座を受講。美術部に所属、若者と交流する充実感を表現している。
 「他大学でも受講しましたが、同年代がほとんど。今はゼミクラス約30人の中で最年長学生。若い学生と一緒になって学ぶのは楽しいですよ。開放講座は文学、経済、法学部など幅広い分野で単位に関係なく学べるのがいいですね」
 これまでに数10講座を原則で1年間受講し、修了証書も数10枚に。週3日通学、計5時間受講。欧米文化比較や日本酒文化論から経営、宗教など分野は多岐にわたる。
 今尾さんは名古屋市生まれ。大阪大学経済学部に進学したが「60年安保」で学園が荒れて、中退。家業を手伝うなどして30歳でトヨタ自動車入社。関連会社を経て62歳で退職。自身の学生時代と比べて現代の学生気質に新鮮な驚きを感じるという。

■純情さにびっくり!目からうろこの「今時の若者」
 「教室にペットボトルを持ち込むのは当たり前で授業中にサンドイッチをほお張る学生も。でもみんなまじめで素直。欠席扱いでも最後の5分間講義を受けに来る。最初は仏頂面で話しにくいと感じていましたが、いざ話すとわたしを先輩として立ててくれます。“今時の若者は…”の考えが変わりましたね」
 美術部ではアクリル画を楽しんでいる。コンパにも付き合う。
 「部室にはテレビゲームと漫画があり、学生は普段は遊んでいます。展覧会が近づくと制作に入ります。男子が好きな女子に何も言えないという。わたしが伝えようかというと“そんなことをされたら生きていけない”と言う。純粋なんですね」

■高齢者は日々の生活充実を
 2男1女は独立、自宅では妻(65)と2人暮らし。1日にワイン1本を開ける酒豪。
 学生と飲み、朝帰りしたことも。若者より高齢者の将来が気掛かりな様子をみせる。
 「素直でまじめな若者に日本を任せても大丈夫だと思っています。でも仕事一筋に一生懸命やってきて定年になり、次の1歩が踏み出せない高齢者が多いですね。踏み出すきっかけをつくるのは行政や社会の役割でしょう。
 老後は人生のロスタイムではなくセカンドライフ。無駄にするのはもったいない。わたしはこれからも好きな勉強を続けるつもりですよ」
 古希を迎えた現役大学生の意欲がまぶしい。

http://www.meitai.net/archives/20080128/2008012801.html



(2008年1月28日)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。