スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラシのように来る意味不明の

sirami
芭蕉の句に
” 夏衣いまだしらみをとりつくさず  ”
というのがある。
 これは『野ざらし紀行』の最後にあるが、
芭蕉庵に戻った時の感慨に、この句を詠んでいる。
或る人はこの句には、
「しらみは「白み」「無」にも通じる」から
衣にたかるシラミのことを詠んでいるが、
それだけだと受け止めるのでは読みが浅いという。
つまり
旅から帰って、無我の自己を自覚する境地を得たが、
まだ、自分には、「かす(煩悩、迷い、--)が残っている」
のではないか、という自戒を
「しらみ」になぞらえて自嘲的に詠んだのではないか、
と、とらえていなさる。
なるほど
芭蕉さんならそうだろうが、
…。
わたしには毎日アラシのように来る意味不明のスパムが
シラミに思えて、うっとおしくて仕方がない。
つど、まるで虱をつぶすように
フィルタをかけ削除するのだが、
一向に減るけはいもない。
どなたか名案をお教えください。

マクロミルへ登録


…ご注意…
この直下の欄の ’Ads by Google’の3つのリンクは、muniむににカウントされません。FC2さんの収入になります。応援凸は左カラムからお願いします…)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。