スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤高のタワー擬人譚

霧雨のWTC
 かつて「誤用塾」というささやかなサイトをやっていたころ、
 「五里夢中」という言葉について書いたことがある。
これの正しい意味は「霧が深くて方角がわからないように、物事の手がかりがつかめず困惑している状態のたとえ」
ということで、用法についても大方のかたが知っていると思う。
それは良いとして、では「なぜ五里(約20km)なのか」という素朴な疑問がわくのではないだろうか。
たんに語呂がいいからか?それとも何か由来があるのか…。このへんから四字熟語のウンチクの披露となっていくのだが、
出典をたどれば後漢の順帝の頃、張楷という学者が学問だけでなく道術も好み、「五里霧」を起こすことができたということからきているらしい(同じ頃、三里霧を起こすことができる者もいたそうだ)。
しかし、いかに超能力の道術師でも、四方20キロを霧で巻くとはにわかに信じがたい。

それは神話の世界の話として、さもありなんで良いだろうが、また、こんな古い来歴を知っていてどうということもないけれど、万一なにかの機会に(…挨拶や講演などで…)この[五里夢中]を使わねばならない時、話し言葉としてはどこで一拍を入れるかが問題である。
つまり由来を知っておれば「五里霧」で「中」と一拍おくのが正しい話し方ということになる。

 駒田信二先生によると「五里霧中」を「ごり・むちゅう」と読んでいる国語辞典が実に多いと嘆いている。広辞苑をはじめ、新潮国語辞典、角川国語辞典などがヤリ玉に上がっている。
けだし「国語辞典」も、原典をおさえているかいないかで、にわかには鵜呑みにできないということになる。(ただし広辞苑第5版では「ごりむ・ちゅう」と改められているそうだ)

昨年秋とつじょとして襲った世界大不況。
景気回復という見出しの後には「…の兆しか?」という疑問符がつき、半年経っても未だに「五里霧」の真っただ中にある。いや、むしろ言うなら「天涯霧中」とでも言うべきかも知れない…。
孤高のWTCはこんな世の中を見たくないとばかりに、みずから濃霧の中にお隠れあそばしているのだろうか。


駒田 信二(こまだ しんじ、1914年1月14日 - 1994年12月27日)は、日本の作家、文芸評論家、中国文学者。漢字に関する深い著書多数

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。