スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちの本気度?

朝焼けWTC
 
 毎朝、未明のタワーを眺めていると
なにか天空から語りかけられているような気がする。
 いつのまにか彼を擬人化して考えてしまうようになった…。

 今朝は「人間ども、なにかブレイク・スルーがないのかい」と
言われたような、言われなかったような…。
 ほんとうに、この孤高の建物は
仰ぎ見るひとを惹きつける。
 まわりに大きな建築物がないからかも知れない…
 それとも鉄人28号のようなスックとした
直線的なたたずまいのせいかもしれない。

 橋下氏の(なぜ「橋下氏」と書くかといえば私は彼に投票したわけではないから)
WTCへの御執心が同感できるからシツコクその言動を追いかけてしまうのである。

最新記事によると

'毎日.jp' said

橋下知事:府庁舎の大阪WTC移転「あきらめない」

 大阪府の橋下徹知事は府議会一般質問で26日(5月)、今年3月に否決された府庁舎のWTC移転条例案について
「あきらめていない。関西にダイナミックな変化を生むには庁舎移転がキーポイントだ」と述べ、実現に向け強い執念をのぞかせた。
鈴木憲議員(自民党・維新の会)らの質問に答えた。

 橋下知事は再提案の条件について「大阪市の本気度が重要」と発言。議会終了後には取材陣に「今度は(大阪市の平松邦夫)市長に旗を振ってもらいたい」
「市役所が南港に移るなら市民も拍手大喝采(かっさい)。府庁も行かなきゃという話になる」
と、「橋下節」を展開した。

 否決の直後、橋下知事は庁舎問題に関し現庁舎の耐震補強を軸に検討する考えを示していた。この日は「7~8月までWTC(の買収)に手を挙げるチャンスがあるなら、並行して走らせるのもいい」と語った。【稲垣淳

 この記者の書き方はなかなか「さわり」をうまく衝いていると思えるが、
あえて言うなら
「本気度」を大阪市に期待するのはアテハズレに終わるにちがいない。
市は何も移転について橋下氏に期待しているわけではない。
八方ふさがりのなかで、府であろうとどこであろうと
この破綻つづきの苦境を救ってくれるブレイクスルーを期待しているのである。

そういう意味では橋下氏の「思い入れ」は言わば「片思い」であると言っていい。
もとより橋下氏は上昇志向の権化であることははっきりしているので、
WTC移転で「おもわく通り」になったら…
「支持率80%以上」が背後にあるだけに、
わたしに言わせると
ちょっと恐ろしい想像になる…
大阪ローマ帝国に暴帝’ネロ’あらわる
になりかねない…かも…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。