スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるマル3ヶ月間まった…

Wakuwaku20130127.jpg←クリックで拡大(大阪湾の眺望)

まるで「魔の10/26」とでも言うように
  (10/26はJJの誕生日)
ちょうど昨年の「紅葉の雨飾山」の記事から
ずっと、いらいらした日々を過ごしてきた。
そして
3か月たったいま、やっと出会った…
この長いインターバルを理解しあぐねていた。

山のN県なら殆どの山は登山客は少ない。
だからARという仕事でも冬場はデスクワークが多かろう、
そして、春の声とともに
野山に出かけれるのかなあ …
それとも
「蕎麦屋修業」に倦んで、
さっさと別れたのかなあ
だったら改姓して出てくるだろうし…
スポンサーサイト

米原万里さんを知らなかった不明

yonehara

寡聞にして知らないとは恥ずかしいことだ。
この人が活躍した期間
わたしは何をしていたんだろうか…
ウイキペディアを見てみると

1991年 日本女性放送者懇談会SJ賞
1995年 『不実な美女か貞淑な醜女か』で第46回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞。
1997年 『魔女の一ダース』で第13回講談社エッセイ賞
2002年 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』で第33回大宅壮一ノンフィクション賞
2003年 『オリガ・モリソヴナの反語法』で第13回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

と受賞歴があり、2006年5月、56歳の若さで亡くなった。とある。

ことにこの『不実な美女か貞淑な醜女か』という題は
「…通訳に「不実な美女」(つまり正確な訳ではないが日本語として響きが良い)がいいのか
「貞淑な醜女」(美しくはないが内容が正確に反映されている)がいいのか。
これをプロの通訳者たちが使い分けていること自体、知らなかった人が多いのではないか。
著者は、パーティーの挨拶のような場所では前者が雰囲気を壊さず、
重要な商談や喧嘩の場合は後者が好ましいと語る。

と評されている。
            画像は「かもがわ出版社」の表紙から借用した

通訳…翻訳…を考える

傑作な名作

近来にない面白い本に出会った。

最近、どういうわけか図書館に縁ができて
月いちとは行かないが
週一という頻繁ではない。
…実は「或る講習」の講師として
やってくださらないか、との要請があったので
その種の本を探しに
行ったところが市立図書館だったのだ。

借りた本は
『うまい!と言われる一分間スピーチ』
と、この本だった。
著者は…米原万里…
読んでみると
前者の「一分間…」よりも
こっちのほうが圧倒的に面白い!

これまで通訳・翻訳さんに抱いていた概念が
根本的にくつがえった…

(以下つづく)

君は飛行船を見たか…

6日のはるか

今朝8時すぎ何気に空を見ていたら
飛行船が真上を飛んできた…
あわてて撮った画像が文末のそれ。

そのついでにボ~とレグザを見ていたら
また‘はるか’さんが写った。
また慌ててデジカメを構えて
たった2カットしか撮れなくて
番組が終わってしまった。

PCに取り込んでみたら
なんの因果か、はるかさんの髪型が
飛行船みたい…。

今夜は8時まで沈没できないな~
なんせ『八重のなんとか』とやらが始まるのだと…

`むに'は‘アリコ保険’のまわし者ではありません…

いいカメラが欲しいな~
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。