スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳の差なんて

L-Dock30.jpg

最近としの差結婚が話題になる。
今に始まったことではない
上原謙の例もある。
彼は71歳で娘をもうけた(芽英子)…。

最近では
たとえば
タレントの加藤茶(68)が、45歳年下となる23歳の一般女性と6月に再婚していた。とか
仲本工事(70)にも「歳の差熱愛」が発覚した。相手は30歳代の演歌歌手・三代純歌(年齢非公表)。とか

こんどはベクトルを逆にして
セカンドバージンにちなんだら
つまり女が年下の相手を愛した‘るい’風に言うと
かつて古い昔…
歌舞伎の猿之助が16歳年上の藤間紫に走ったという例がある。
これは浜木綿子と子供をもうけつつ、ダブルで行ったというから
歌舞伎役者とはもてるものだ。

わたしは古典的な例が好きなので
「小林考子」をあげよう
山西健吉薯「小林考子・懺悔秘話」によると
小林考子は事業が破産した父に懇願されて16才の若さで44歳も歳の離れた宮内省大臣、田中光顕(当時60歳)の第三夫人になりました。
という記述がある。
スポンサーサイト

行と‘るい’の歳の差

RainBow

昨年秋の森トーク

‘セカンドバージン’の話で
シンガポルで二人は結ばれるが
そのご長谷川が妻に別ればなしをもちだす
そうするとフカキョンが自殺をほのめかす
そういうストリーらしい。
むにはこれを見逃したから
9/23から公開の映画版を
見なければならん。
これについての彼女らしい論ぴょうはなかった。
ただ色んな男女のつきあいについて
「不倫でさえなければいい…」
という独り言のようなつぶやきが
印象に残っている。

もうキミも36歳の人ヅマなんだから
いまさら「なんとかバージン」とか
言うこともないだろうけど

重箱の隅をほじくる日本人

kurobe
雄大な黒部ダムの眺め
今日またしても福島の花火打上げが中止になったというニュースを見た。
なんで日本人はこんなにナーバスな国民になってしまったのか。
それなら何故もっと熱意を込めて
原水禁運動に参加し、
そして原発の安全性を検証してこなかったのか、
政治に無関心、しかも体制べったりの
NHK的生活に甘んじてきて
事あれば文句ばかりチックル、
新人類が大勢を占めてきたこの時代
前途はほんとうに暗い。

閑話休題
17:00の天気予報を見ていて
面白い現象に気がついた。
台風15号は去年の私そのもの
つまり「居残り」台風
イトシい酔子のために
何度も居残った思い出があるから…。

彼女は「居残り」と表現したが(メールで…)
わたしは仕事の性格上
「お茶濁し」と言った…。
どちらが正確か
それは実施した本人同志にしかわからない

kaiko

未明と午後

炉定譚夜景7070
炉定譚昼8070

この2枚の画像は同じ船を
時間をかえて撮ったもの…
夜景は4:30頃、下は昼下がり
いずれも咲洲コスモスクエア駅から
この角度から云えば
たぶん桜島バースだろう

船名は「炉定譚」と読めるが
上海船で簡体字なので
正確に書ける字が見つからなかった。

もっと良いデジイチがほしいなぁ

南港の‘ぼんぼり’って

ぼんぼり3

思い立って今日はコスモスクエア駅から
ボンボリを遠望した。
昨年7月4日
生涯で一番うまい珈琲を味わいながら
箕面の ”わくわく広場”で交わした
‘森トーク'を想起した。

陽子「ぼんぼりってなに?」
むに「大阪人は提灯のことをぼんぼりっていうけど
知らない?」
陽子「長野じゃちょうちんかしら?」
むに「大阪では何でもそれなりにネーミングするんだ」

大阪市のごみ処理工場で、一風変わった面白い建物ができたので、
ぼんぼりと言ったんだよ…
でも中身が面白いんだね…」

陽子「どんなふうに?」
むに「ひと口で言えないんで…
一度南港に行って見てくればいいよ」

それ以後彼女は見に行ったという
報告は受けていない…。

この奇抜な外観の建物

建築デザインを手がけたフンデルトヴァッサー氏は、芸術の都ウィーンにおける世界的芸術家。フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーさんは直線を拒否する独特のポリシーを持った建築デザイナーだったが、この工場の竣工後1年で亡くなったらしい。
外観のドハデさだけではなく、内部にも手を抜いていない。舞洲工場には最新の高性能焼却炉が据え付けられていて、ダイオキシンも発生させる隙を与えぬ超高熱で処理する。粗大ゴミの破砕設備も備えられており、1日の焼却能力は900トン。
総事業費800億円をかけたが、当時フンデルトヴァッサー氏に支払ったデザイン料が 6000万円!というので税金の無駄遣いではと…物議をかもしたこともある。

http://osakadeep.info/50.shtm管理人/逢坂氏のブログ

建物内部のログは
http://29.pro.tok2.com/~chinspot/maishima02.html珍スポ氏のブログ

明鏡止水とはいかないか

DSC05236_10.jpg

この画像は今朝4時前の
仲秋の名月を撮ったものです。
左はWTC、右の塔は南港ドコモビルのアンテナ
この光景をみると
「本当に神はいるんだ…」
と思ってしまう。

「明鏡止水」とは 邪念がなく、澄み切って落ち着いた心をいうとか。
「明鏡」は一点の曇りもない鏡。「止水」は止まって、静かにたたえている水のこと。

17年ほど前に買った
サイバーショットF707 はまだ現役だ。
昨年の巡視にも
いつも持って行った。
今のデジイチから見れば
かさばるし重いし
解像度は500万画素だし…
何度も新製品に食指が動いたが

SybershotF707.jpg

Ciao for Sincerely Yoko
蔵出しphotoありがとう
4枚とも、素晴らしい*3
でも、3枚目のまたーりshotが最高です。
しか~し、もっと希望を言えば
もうちょっこしお臍が見えるのを所望…
なにを言っとるか、このエロジジイ! バシッ!ベキッ! (ll゚д゚)
トホホ…往復びんたにめげず、あとの蔵出しに期待。     アディユ

自然研究路6号線


カバー演奏がオリジナルでなくイマイチだが、画像がいいので…

1967年‘ジャガーズ’のヒット曲
このころ私も思いきり若かったが
同じ会社の新入社員のk君が
いつも口ずさんでいたのを想い出す。

「若さゆえ苦しみ、若さゆえ悩み…」
何という心動かすフレーズだったろう。
それにも増してメロディックな曲想…、
口笛の使い方も斬新で効果的。
けだし名曲は復活する。
けだし名曲は古典懐メロとなる。

君に会いたい

20110716
ボンジョルノ_酔子ちゃん
画像ありがとう(*^-^)ニコ
亀レスにならないよう御返事します。

決して貴女の「話しすぎ」だとは思いません。
家族の絆ということについては
わたしも少なからず関心があり
私じしんもたくさんの課題をかかえています。

ただ私は酔子ちゃんへの言葉として
私の同世代の御父上に
「かぎりない親近感をいだいている」ことを伝えたかった。
だから「大阪にこんな(化物)ばけもんみたいなヤツがおって、
私は
そいつと週一で森を歩いているんだよ」
といってほしかった。
そして
「だからキャンサーのひとつやふたつに
負けないで…
こんなオジンがおるんだから…。
それに、医療も日進月歩で発展してるし
ぜんぜん心配ないよ~~、

お父さんを励ましてもらいたかった。


「なんでむにさんはそんなに元気なんですか」
と訊かれたときに、
私は「いい若いもん(つまり貴女のこと)に負けてられん…から…」

と答えました。

わたしは放埓な人生を送ってきましたが
こういう人間です…。

               バイアグラが不要なカモノハシ

2979年?

TimeCapsule.jpg
IMG_1994.jpg

箕面の勝尾寺園地には
面白いカプセルがある。
ここに書かれてある文言を見ると
まさに気宇壮大になる…。

エンブレムに書いてあるのを読むと
1979年から一千年後に
このカプセルを明ける、とある。
人生50年から80何歳までなった現代
これからは百歳が当たりまえになるのにちがいない
長寿は結構だけど
いまの世代みらいの世代が
それをささえられるのだろうか?

この森で交わした‘森トーク'は

y「あら早かったのですね」
m「一人で展望台まで行ってもしゃあないしね」
y「これからどうしましょ?」
m「そうだね、最後だからハードラックをやっつけてみようか…」

そうだ、そうしてシュナイダーを登ることになったんだ。
これが3/20のLASTになった。
瞑目

この真相を記しておこう

20110320は巡視最終日
きょうはひどい目にあった。
なぜか勝尾寺から林道経由で
シュナイダーを上がったのだ。
そして東海へ出て政之茶屋へ
このシュナイダーがきつかった。
ウイングで11時前になった、
むには展望台経由の巡視をしょうと言ったのだが
彼女はトイレへいくという
ならば、展望台で待ち合わせるか
ウイングで待ってるか、どうします?
と聞いたら
ウイングで待つという。
もう1年もたつので
会話は完全にホリゾンタルになっている…
つまり遠慮のないトーンだ

俺はショトカットしてカプセルへ戻った
なんで1人で展望台へいって何が面白い・
そこでカプセルの画像などを撮ってると
上がってきたので
ぐずぐずしていると
油を売っててもしょうない
というので
勝尾寺林道からシュナイダーをのバリ始めた。
初めて上ったのだか
予想どうりきびしかった。
なんで最終日にこんなことをしなけりゃならんのか
「罰だ、罰だ」
しかし音をあげずのぼり切った
よたよた、ふらふらながら…

YY抑止力再掲

yy抑止力
かつて「YY抑止力」というのを
核抑止力に懸けて書いた。

それは断煙に関してのことだった。
昨年10月から始まったので
まもなく1年になる。凄いものだ。

閑話休題で今回は「飲みすぎ注意」だ。

いかんぞ~

今年はスズメバチの当たり年?


夏の終わりに

kogotasuzume01.jpg
…箕面では今年スズメバチが大量発生しています。
先週、ハイカーがよく訪れる箕面川林道で
2ヶ所スズメバチの巣を見つけました。
さいわい「コガタスズメバチ」のようですので
人への危険度は少ないですが
うかつにさわったりして刺激しないように
しましょう。
kogotasuzume02.jpg

ナラ枯れの副産物


最近、箕面の森でも「ナラ枯れ」が発生しています。
これはコナラやミズナラが突然赤茶けて枯れてしまうという
特有の病気で、
木食い虫が樹中に侵入して菌を繁殖させ
立木を枯れさせるという現象です。
この被害木に猛毒の「カエンダケ」が発生することが報告されています。




kaentake.jpg
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。