スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と金星

Moon&Mars

別れの時が近い

「じゃ、ね、バイ」
といったら、
「いや、バイとかさよならはやめろよ」
「何ての」
「これからは、『雨か蛇か』というのを挨拶にしよう。
ただし鼻つまんでいう」
これからって、もう会えないかもしれないし。
「カタいこというな、誰も会う、いうてえへんわい。けど、どこでまたバッタリ、
いうことになるかもしれへん。
そのとき食いつきそうな顔してることもないやろ、
そないいうて、ニコニコする気もない、というとき、
鼻つまんで『雨か蛇か』と挨拶し合う。――いうてみ」
「いやだよッ!」
だってこの語を、鼻をつまんでいうと、どう聞いても、
〈 △△△しようか 〉
に聞こえるんだもの。これ、昔、剛の教えてくれたもの。
「いわな、おろしたれへんド」
 剛はわざと面白がって凄む。剛も会社の副社長室では、
そんな大阪弁は使わないんだろうけど、
私といると果てしなく紐がほどけてくるみたい。
 私は鼻をつまんで、
「雨か蛇か」
 といったら剛は、
「いやや」
といい、大声で笑った。
まあ、ほんとうに。
 久しぶりの大笑いだった。剛は図に乗り、
「もういっぺん、いうてみい」
というから、私もふざけて、もういちど鼻をつまんで、
「雨か蛇か」
といったら、剛の奴、こんどは、
「しょう!」
「バカ!酒も飲まんと、ようそんなこというわ」
といってやると剛はまた、大笑いした。

(後略)
      『苺をつぶしながら』講談社1989・11・10[第9刷
moon

 月の真下にあるのが明の明星だ。
夏至がまじかくなると
こういう夜明けが見える

スポンサーサイト

井戸端から`森トーク’へ

GoodHat

或る小話から

「ある悩める中年男がバイアグラを飲んで
いざ…ということになったが、
肝心の妻は出かけてしまっておりません。
この薬は飲んで一時間くらいしか効力を持たない。
どうしたものか…。
男は処方した医者に電話しました。
「先生、バイアグラを飲んだのですが、
妻がいないんです。
家にいるのはお手伝いの若い女の子だけです」
先生すかさず、
「じゃあ、その子とおやりなさい」
「あっ、でも先生、彼女とするときは
バイアグラはいらないんです」
… 
      『男と女のためのPの話』マギー・ペイリー/新潮文庫

森林浴は良くも悪くも
人間をナチュラルにする…。
森のメラニーならずとも
話題がつきると自然と
そういう方面へ転戦することが多い。

或る時、新幹線に新しい車両が
御披露目されたことがあって
(N700系だったか)
そのスタイルが話頭にのぼった。
む「まるでカモノハシみたいだと思いませんか?」
よ「そうね、ま横から見たら…そう見えるかも」
「カモノハシって哺乳類なのに卵を産むから
へそはないんだって知ってた?」
「へえ~オーストラリアにしかいない、くらいしか知らんかった」
そこで話は途絶えたが、
その夜のメールの
最後に
「‘バイアグラがいらないカモノハシ’より」
と書いた

macpacは高い

mire
今日、無聊に耐えかねて
好日山荘(はじめの変換は「口実さんそう」だった)
に行ってみた。
期待した石井スポーツは定休日だった。
`muniむに’の見たもの
シリオの靴
ゴアテックスの帽子
macpacのザック

感想 シリオの靴は欧州勢の中にあって良心的
ゴアテックスの帽子はどれでも¥5000を越える
macpacのザックはどれでも高すぎる

それだけの価値があるのだろうが、
コストパフォーマンスを考えると二の足を踏む。

だんだん`muniむに’のアタマも冷めてきたのだろうか。

罰せられてある

勝尾寺Wingのトンボ
yokochan,yokochan,oshirigadekai none soyo yokochanto s…

蕪村の哀愁

wakuwaku
蕪村に

君あしたに去ぬゆふべのこころ千々に
何ぞはるかなる

君をおもふて岡のべに行つ遊ぶ
をかのべ何ぞかくかなしき


快晴の日曜日、
わくわく広場で
ふたり連れの‘森ガール’と知り合った。

かつての日のように
眺望はきかなかったが
無聊はなぐさめられた。
…    冒頭の句は『北寿老仙をいたむ』1745(延亨二年)

白々あけの満月

クリックで拡大します
 夏至もまぢかい夜あけ前、
南港WTCの横に
孤独な満月がいた。

ウリボウに逢いたい

Uribou
2008年6月8日というから
3年前になるんだなあ…
あの箕面川林道で
ウリボウに遭遇した情景が
あざやかに甦る…。
今年も逢えるだろうか?
昨年YYと一緒に目撃したかったが
果たせなかった。

しゃっつら

macpac
自分だけが幸運であろうと思う心
これが現代のマインドだろう

信州弁で印象にある言葉は
「あのしゃっつらで…」
という表現だ。
意味はどうかと言えば
「つら」は「面」で、かおのこと。
「しゃっつら」とは
しゃあしゃあとした、とか
すましかえった、とか
そういう語感の言葉だ。

どう使うかと言えば
「あんなところで
よくあんなことが言えるよ。
あのしゃっつらでね~」
とか
「あのしゃっつらなんか
二度と見たくない」
という風に使う…。

YYがそんなふうに言ったことは
一度もないが、
瀧安寺で見せたHの態度は
ありゃなんだ…
あんなしゃっつらなど二度と見たくない。

硬派であれ!

L-Dock
kaiko

kousa
 つちふるや そのたねあかす よいのほし  」
どういう意味を込めているのか…。

黄砂は明日もつづくとか、
‘わくわく広場’からの眺望を
何とかしてほしい

物欲の権化

macpac
かつて`森トーク’で「ペニオク」に話が咲いた。
コインを買って安く落とせる今流行のオークションのこと。

これにはまると物欲の権化となる。
彼女には
「レグザ32インチを3万以下で落してみよう」
と言ったことがある。
本家のDMMで機会を狙っていたが
ここが消費者センターの注意以来ビビッてしまって
開店休業策となったので
家電は出ず、尻つぼみで面白くない。
返金しないというのが
腹立たしいが、勉強投資とあきらめた。

いまはなき…

YokoMori
 2代目のGSS相棒は仲仲ゆかいな人で
人のうわさ話をするときは
「今はなき○●さん…」という言いかたをした。
この伝で行くと
冒頭のPhotoは 今はなきYYということになろうか。

最近、敬愛する…you…さんのブログで
中国由来の黄砂を
古くは
「つちふる」と云った、ということを教わった。
これは漢字にすると
雨冠(あめかんむり)に、たぬき(狸)と書くらしい。
霾と書いて音は「ばい」である。

展望台_わらび二輪

今日も黄砂のせいで
展望台からの
視界は芳しくなかった…
生駒山すら見えない。
それ以上に
紫モクレンを植えられなかった
この地はむなしい…。
katuoji
なぜか美人じゃない
どうっから見ても
写真写りが悪い子だ
本当の画像をアップしたら
誰もがそう思うだろう
しかしリアルに相対した彼女は
見かけ以上に魅力的だ。
‘ぎゃはは笑い’もハイトーンで
耳にこころよい
こういうのが
まったき現代風というのだろうか

ひょうたん6個

tennyuusannka
youさんに逢いたい…

どうもいかん

Capsul

同じ場所というのは
精神衛生上あまり良くない

このカプセルで逢った時のことを
思い出した。
わたしは「展望台を巡視してこようと思うけど
どうします?」と訊いた。
(つまり一緒に…)
答は「ウイングで待ってます」だった。
その答えをきいて登り始めたが
一人で行くのも馬鹿らしいなあ
と思い始めた。
なので、途中から左にショートカットして
カプセルに降りてきていた。
そこにyyが来たが、
私はカプセルの動画を撮っていた。
yyのほうが先に私に気がついて
「早かったんですね」といった。
むに「ちょっとショートカットして帰ってきた」
と答えた。

群舞で揺れる谷間

teppanGB
 てっぱん総集編を見た。
やはり昨年の想いが交錯する…。
感想を述べ合うのが‘森トーク’の定番だったが
誰かさんの評は「くさい、くさい」というのんだったそうだ。
私はそうは思わなかったが、涙腺がゆるみがちだったのは
歳のせいか…。

「てっぱんのオープニングで
でっかい谷間が揺れるのを知ってる?」
「そのへんはあんまり熱心に見てないわ」
「だったら明日よく見て見て…
画面の左下で女性二人が
両手をあげるシーンがあるから」
「ふーん」

翌週、開口一番
yy「あれはかなりなものね、
ご本人さんは見てるでしょうに…」
という感想だった。
もうひとことあったけれど
たしか
「まったく‘どこ見てんだか’」
と言われたようだ…。

ストーリーはともかく
あかりちゃんの初々しい演技と
富司純子重鎮の存在感とが
光ったドラマだった。

2010年を懐古するとき
‘森トーク’とてっぱんとが
だぶるにちがいない。

にほひフェチ

EXPO90
夏はみじかかった
ランチどき
エキスポ90でばれた

けさVCの木山さんに挨拶したら
5月いっぱいで
VCの管理が民間委託になるそうだ。
それで所長は退職、他の職員さんも
来月から配転になるという。
橋下知事の方針で
とにかく人件費を削るがために
民間から競争入札して
こうなったそうだ。
大阪府に貸している色んな施設の
サービスがどれほど低下するか
それが気がかりだ

そんなに売れてるなら

HoldMeTight
 あさドラ「おひさま」の主演の子
どうも何処かで見た顔だと
思ったら、NTT西日本 の「フレッツ光」のポスターに出ていた。
井上真央さんというとか。
スケーターの浅田さんも一緒だし
大地真央ってのもいる
なんとかマオってのは多いのか。
このマオさんを
ググってみると子役時代からすでに
かなり売れていると知って
いっぺんに萎えた。
映画「八日目の蝉」にも主演しているらしい。

しかし関東の人は「陽子」という名が好きなんだろうか?
わたしの係累にも一人いる…。
今は切れたから「いた」というべきだが、
もう20年も前の話だ。
この人も陽子だったが、
長野は長野でも佐久の人だった。
なんか複雑な思いだけど…。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。