スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色いハンカチならぬ「黄色い羊」

yellowSheep

今日はおもむきをかえて「黄色い羊」の話です。
或る夜、枕頭書に飽きて(つまり眠れないまま…)
古い書庫から、出来るだけむつかしい本を取り出した。

長谷川滋成『難字と難訓』講談社/昭和63年。
21年まえの現代新書。

この本は「畏」や「鬱」や「怨」など難字を取り上げ、
出典を駆使して解説しているが、
独特の文体で深く読ませる。
丸谷才一や養老孟司氏の文体に似て隙がない。
まず web ではひとつもヒットしない項目ばかりだろう。

後半「衣食住具」のくくりに
『竈』(かまど)の項がある。

ここでは「かま」と読める字を挙げ、
四番目に、「竈」:かまど、音は「ソウ」
上に釜(かま)・なべを掛けて煮炊きをする設備と書いて
かまどの変遷を解説し、
その余談として
「宣帝の時、
陰子方なるものは、
至孝にして仁恩あり。
臘日(旧暦12月8日)
晨(あした)に炊げば、
竈の神形見る(かまのかみあらわる)。
子方は再拝して慶びを受く。
家に黄なる羊有りて、
因りて以って之を祀(まつ)る。
是より以後、
暴か(にわか)に巨富に至る。
……
故に後、常に臘日を以って竈を祀り、
黄なる羊を薦(すす)む」

『後漢書/陰興伝』

つまり「陰子方」なる者の立志伝であるが、
別の項には

 「陰子方は宣帝の世に至孝・仁恩を讃えられ、黄羊を竈神に祀って顕現があってより栄え、700余頃の田地を有して“富は邦君に斉し”と称され、これより臘日には竈を祀って黄羊を供るようになった」とあり、この「薦める」は多分、竈の神に供えたものだろう。

さすれば後漢の時代に「黄色い羊」がいたことになる。

そこで、しつこい‘muniむに’は、今度は「黄羊」をググッてみた。

二説あり
1)
moguramogera99さん の説
‘モウコガゼル’のようです。中国では絶滅危惧動物になってもいるようです。
2)
felix120233さん の説
たぶん、中央アジアの乾燥地帯に生息しているヤギに近い動物の‘ゴールデンターキン’のことだと思います。

いずれにせよ「巨富」のはしくれにも至っていないむにとしては、
黄色の羊を食べないまでも
お守りに手元に置いておきたいものである…。


マクロミルへ登録


…ご注意…
この直下の欄の ’Ads by Google’の3つのリンクは、muniむににカウントされません。FC2さんの収入になります。応援凸は左カラムからお願いします…)




スポンサーサイト

JAL2…赤字の責任


 日本航空の歴代経営者が、これまでの経営失敗について、誰一人責任を取った人がいない。まあ国策会社であれば旧国鉄のようにやむを得ない面もあろうけれど、

 JAL社員のこんな声もある。
① 1986 年~96 年のドル為替先物予約の失敗→で、2210 億円の損失。影響は、2017 年まで続くそうです。これが、他社より高額でボーイング機を購入する理由らしい。
  これは、背任では?
② 海外でのホテル事業の失敗で、395 億円の損失。
  これも背任では!
③ HSST事業に使った無駄な投資→で、70 億円以上の損失。
  1999年、完全に撤退。
④ 鯨のマークと砂漠のジャンボ機で一世を風靡した貨物専用会社のJUST社で多大な損失。
  あっという間に運行停止。
⑤ シティーエアリンク社(ヘリコプター運行会社)の失敗→で、20 億円超の損失。
⑥ お偉い人達の不明瞭なゴルフ会員権の購入に40 億円の無駄遣い。
(いずれも、『沈まぬ太陽』からの引用)

 これらを、単純に足しただけで2700 億円以上。
⑦ そして、今回の燃料ヘッジの失敗での2000 億円を超える損失。
⑧ そして、高コスト体質の本丸。かつて、兼子もと社長が公言されていました、『年間数百億かかっても現在の労務政策(分裂労務政策)は継続する!』と言っていた政策を相変わらず踏襲されている現在の経営陣、結局、何年継続されているのでしょう?その間の経費はおいくら?
⑨ そしてもうひとつ、これだけ経営状態が悪いといいながら、航空機の購入に1000 億円規模の投資を続ける一方で、ジャンボ旅客機(747-400)を何機も寝かせている経営の無策。

 そうして
 資金繰りに困って1千億も緊急融資、おまけにその融資には政府の債務保証付き。 
 毎年毎年数百億の大赤字出して、現役社員には破格の好待遇…で、OBにも企業年金で 超好待遇を続けながら、かたやOBは年金減額反対の署名運動に血道をあげる。
 …
 まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、世論も総スカンでそっぽを向いたまま。
 脱官僚の民主が勝った、この政変時に逆行する奇天烈な人々…開いた口がふさがらない…。


>マクロミルへ登録


…ご注意…
この直下の欄の ’Ads by Google’の3つのリンクは、muniむににカウントされません。FC2さんの収入になります。応援凸は左カラムからお願いします…)

日本航空…微苦笑

ヴィーナス7の横腹
 今日は日本航空のはなしです。
 興味のないかたはスルーしてください。

 聞くところによるとJALは、このままだと12月に破綻するそうです。
 実は ‘むに’ の近親者にもJAL関係者がいて、
 ちょっと関心があったのですが、色々情報を集めてみると
だんだん腹が立ってきて、ひとつこれを俎上にあげるのも一興かと思うようになりました。

 なにが立腹の原因かといえば、
まず、今のJAL年金生活者の年金額が異常に高いことでした。

 ”日本航空(JAL)の年金583万円 高コスト体質浮き彫りに ”
 日本航空の経営再建問題で、年金の支給額がモデルケースで年583万円と年300万円台半ばとされる大企業の平均支給額を大幅に上回っていることが6日、明らかになった。

 つまり大企業の退職者でも年間300万なのに、JALは583万円という高額年金を貰っているというのである。
 年間300万…これだけでも一般庶民から見ればうらやましい年金額なのに、JALはこれの約2倍も貰っているというのである。
 しかも、これは公式資料であり、受給者も現在約7千人~おられるらしい。
 そうして「経営が行き詰まったので、公的資金(つまり税金)を注入して‘JAL’を救ってほしい…」
というのが今回のJAL再建計画だという。
 しかし、そういう内実であれば、いかに近親の者がJAL関係者であっても、それはちょっと待ってもらいたい、というのが本音ではないだろうか。
 一般庶民の感覚からいえば、
それは「虫がよすぎるのではないか」と言いたくなりますね…。
 (これ以外にもJALの経営失敗の要因はたくさんあるが、それは別議論である)

 今回の再建問題には色々の要素があるのだろうが、
 年金問題(というより公務員並みのOB優遇の体質)を放置・黙認してきた
こういう構図に問題があるようなのである。

 ブログの読者には見識の高いかたもたくさんおられますので
 ちくじ御意見をお聞きしたいと思いつつ…

プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。