スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふりむかないで

emeron


  泣いているのか 笑っているのか 
   うしろ姿の すてきなあなた…

 そういえばザ・ピーナッツにも同名のヒット曲がありました。
 もっとも、こっちは若い恋人の寸景でしたが…

スポンサーサイト

ジュピター7のお尻

JUPITER'7'

 むかし「バックシャン」という言葉が流行った…。
今はあまり使わないから若い人には不案内だろうが、
「うしろ姿美人」とでもホンヤクしておこう。
 このバックシャンという言葉の使い方にはちょっぴり用心がいる。
つまり
「うしろ姿にハッとして前に回って御顔を見れば……」
ということもママ有りうるわけで
言外に
「顔を見なければ良かった」ということも含まれている…。
だから
うまく使わないと
うっかり「キミ、バックシャンだね~」などと不用意に使うと
場合によっては、ぶっ飛ばされることもありうる。

そういえば「振り向かないで…○○の女性(ひと)」というCMも流行った。
これはシャンプーか何かのコマソンで、○○には「札幌のひと」とか「大阪のひと」とかご当地の女性を入れて日本国中を経巡っていくのである…むにの好きだった唄でもある。

 ところで今日は相棒が風邪で森林巡視が急きょ中止になった。
 まるで予定が空いたので朝の散歩の後、いつもの「L岸壁」に行ってみた。

 今日はなんといつも正面を見せている「ジュピター7」が沖を向いていた。
 初めて拝見する淑女のヒップライン…。

 後ろ姿の貨物船もなかなか風格がある。
 船の美観はシンメトリーセンスで極まるようだ。
 ところで、この船のフロントビューといえば…
JUPITER'7'_FRONT←クリックで拡大

 さて彼女「ジュピターセブン」はバックシャンだろうか、
それとも
「どこから見てもいい女」だろうか…。


マクロミルへ登録



…ご注意…
この直下の欄の ’Ads by Google’の3つのリンクは、muniむににカウントされません。FC2さんの収入になります(つまり、むには禁煙グッズでアフィリはしておりません。応援凸は左カラムからお願いします…)

断煙…禁煙…休煙


再見ヴィーナス7←ひさしぶりにL岸壁でヴィナスに再見した

禁煙と断煙が違うことを書こうと思った。
言葉としては「禁煙」がいちばん古く、断煙は後発組の言葉である。時に「休煙」というのもちらほら見かける…。
しかし、言葉にこだわってると禁煙グッズの宣伝になりそうなのでしつこく書くことをやめた。
ここで言おうと思ったのは積極的な考え方・前向きな思考方法のことだった…。
もっと平たく言うと
禁煙とはストイックな感じ…文字通り「タバコを禁じる」(「ストイック」とは禁欲的な…という意味である)。
でも「断煙」はタバコを断つという自分の意思が前に出ている感じがする。
だから、それはほかから与えられた強制ではなく、進んで行っているという気持ちが潜んでいるともいえる。
もっと言えば、「これは俺の意志でやってることだから喫いたくなったらまた何時でも喫うぜ…」ということも言外に含んでいるのである。
つまりおのれの意思の自由/フレキシブルな心を暗に宣言したメッセージだとも言える。

こう考えれば何となく気持ちが軽くなる。
ちょっと早めにビールが飲みたくなる…。
そうして断煙の日々がつらなっていく。

気がつくと
あれ~ッ、もう45日目だ…。
ふん、でもいつまで続くかな…。


…ご注意…
この直下の欄の ’Ads by Google’の3つのリンクは、muniむににカウントされません。FC2さんの収入になります(つまり、むには禁煙グッズでアフィリはしておりません。応援凸は左カラムからお願いします…)

わたしの断煙…星に願いを

未明の月←星に願いを、月に誓いを… クリックで拡大します

 muniむにの場合、禁断症状はだいたい4日目くらいに来る。
 まずアタマの中が空洞になったようにスカスカする…
眼が何を見ているのか自分でわからない。
もちろん手も神経が切れたように動かない。
 そういう瞬間がとぎれとぎれに襲ってくる。
こうなると自分で立居振舞がぎごちなくなり、立ったまま寝ているか状態になる。
ふと席をはずしてトイレに駆け込み、両手でほほを叩かないと正気に返えれない。
 こういう状態が仕事中に来ると、お手上げになりミスとなって、クビが危なくなる。
そうしてだいたいこの禁断症状クライシスから
断煙は挫折するのである。
 だから、それを回避するには、この4~5日目を土日になるように予め計画しておく必要がある。
つまり、連休があればベターだけど、無ければ「火曜または水曜」あたりから断煙スタートを計画するのがよい。

 そうして、断煙開始の日から手帳に★印をつけ始める。
 この星は何でもいいから、朝イチから起こった身の回りのいいことを記録し書きとめていく。
 一種のオマジナイのようなもん…と気軽に考えてマメに書くのが馬鹿らしくて面白い。
 たとえば「☆会社までノンストップ…1回も赤信号にかからなかった… 」
「☆ コンビニで小銭がぴったり合った」
「☆課長の挨拶が気持よかった…」などなど、
ともかく何でもよいから枠が埋まるまで書いてしまう…。
 すると、ますますいいことが起こりそうな気がする。
 小さなことが気にならなくなる。
 もっと☆を増やしたいと思う…。
 こういう輪廻が始まるともうけもの。
 そうなればシメタものでタバコのことなどすっかり忘れている。
 これが何ともいいので、一日があっという間に終わってしまう。
断煙いちにちめはハッピーなうちに無事終了…
 『いわしのアタマも信心から』とは
 昔の人はうまいことを言ったものだ。

…この項つづく…

わたしの断煙…承前

きざみ煙草momoyama←7月まで愛煙していた「桃山Ⅱ」

断煙記つづき

 わたしの断煙記は先月8月1日よりスタートした。
 きっかけは森林保護員として週1度歩く巡視勤務でのこと。
 7月末ごろの或る日、車で現地箕面まで向かったがタバコを持って出るのを忘れた。しかし気付いたのは自宅から相当走ってからだ。
 そこから取りに帰ったら遅れてしまう。ところが愛用のキザミは紙巻タバコとちがい市内でも二軒しか売っていない。しかも開店は10時頃からだから、その日は「おい!むにクンや、今日は断煙日じゃぜ」と宣告されたに等しい。
 そういう時、私はこの告知を「天の声だ」と思うようにしている。
 案の定、その日は一服も喫えなかったが思いもかけぬ副産物があった。
 森林巡視は箕面の山を約10キロほど歩く。仕事の内容はかつて書いたから略す。
 そう、その副産物とは山道をかなり続けて歩いても全く息切れがしなかったことである。

 これまでは2~30分アップダウンが続くと休憩して一息入れる。そういう時は同僚氏と一緒に必ずタバコタイムとなる。昼食時はいわずもがな…。

 酷暑の中、息切れを忘れているとは…これは「ツイてるということかな」と思った。
 だったら、またつらい禁断症状の日が来るだろうけど、まあ自然体でトライしてみようか…。
 というわけで、8月のあたまから断煙を始めた。そしてツツガナク今日まで続いている。
 しかし私は「禁煙できた」とは思っていない。ただ「40日間 ‘断煙’ が続いているだけだ…」と思っている。

 わたしは斎藤一人さんの「ツイてる理論(?)」の信奉者ではないが、こういうふうに何ごとも肯定的にとらえる思考方法が好きだ。
 或る人がこういうふうにも言っている。

 「斎藤一人さんが教えてくれた「ツイてる」は本当に凄い言葉で、
ちょっと困ったな〜てな時にこそ
「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」と10回も言うと
フッと心が軽くなるし身体もそれに反応しリラックス出来ちゃいます。
そうなると困ったと思ってた事も簡単(気分的に)に解決。
一人さんとの出逢いであり一生の合い言葉「ツイてる」です。」

 斎藤一人さんには他にもユニークな語録がたくさんあるが、
この「ついてる」が一番この人の考えかたの真髄をあらわしているように思う。

 この項つづく…
 次は「 ☆をつける 」
 ☆をつける、とは「加速度をつける」ということである。

南港を離れて

秋萩の乱舞←クリックで拡大します
 
 最近の残暑はこたえる…
 早朝の寒さにはや秋かと嘆いていると、太陽が昇ると一気に暑くなり昼には30度を越える。
 これじゃ「いい若い者でも」体調を崩す。
 新型インフルで亡くなったかたが2ケタとなり、大阪でも出たらしいので、そちらも戦戦兢兢。
 しかしマスクをしている人が皆無なのは不思議な光景でもある。電車に乗る人は何割くらいの人が着用しているのだろう。

 昨日は「ハーブ図鑑」を制作中の嫁さんにつきあって市立長居公園植物園へ撮影にでかけた。
 ほとんど盛りを過ぎたハーブが多く、「やはり春から初夏にこなければ…」といいながらも100カットを超える種類を撮った。13年前に買ったサイバーショットがいまだに活躍…なんといってもツアイスのf2.2のレンズ解像度は最近のデジカメにも負けない。
 ’muniむに’はもっぱらメモ係だったが、ハーブ園への途中に大コスモス園があり、見渡す限りのコスモスが群生していた。
 …ケータイに付いてるデジカメでも500万画素あるので、補正しなくともけっこう雰囲気は出たかな…。

 きのうABCラジオで三代澤さんが「外山滋比古さんの本」について語っていた。
 何が話題かというと、発刊が20年前なのに、この2年ほどで急にブレイクし、一気に100万部を達成した、その秘密について…。
 書名は『 思考の整理学』
 人気が沸騰するのに最も効いたキャッチコピーは
 「もっと若い時に読んでいれば…そう思わずにはいられませんでした。」
 それに
 「2008 東大生・京大生に最も多く読まれた本…」だったそうだ。


URLは (ちなみにこのリンクは別にアフィリはかかってませんので御安心を)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480020475/
 muniむにも読んでみようかな…

橋下氏の野望は「ネロになりたい?」

asayakeWTCの朝焼け

…もはや怒り心頭。
自民との関係修復はなかろう…

昨年の知事選いらい
橋下氏にとって自民さんは与党でなかったの?

…yomiuri said …
5日、大阪市内で開かれた自民党大阪府連の幹部会・役員会合同会議。中山氏が声を上げたが、出席した府議ら約40人の表情は硬いままだった。

 自民党は大阪の19小選挙区で15人を擁立したものの、1勝14敗。自身も負けた中山氏は会合後、橋下知事への不満を漏らし始めた。

 「我々は彼のために全力を挙げたのに、自民党候補との選挙ポスター撮影をお願いしても、断られた」

 2008年の知事選で橋下知事を支援した同党府連は、橋下知事を衆院選の劣勢をはね返す“切り札”と考えていたが、当人は分権政策の観点から民主党支持を表明。報道陣に囲まれた中山氏は「党員が怒っている」「信頼できない」と延々と<橋下批判>を展開。今後の知事との関係を問われると、「関係は尾を引かないよ。向こうが(尾を)切ったから」と切り捨てた。

…ところが…hashimoto said

 橋下知事は関西空港で報道陣に対し、「自民も公明も(3月に府議会で)WTC(大阪ワールドトレードセンタービルディング)への府庁舎移転を否決した。一心同体でやっていくというスタンスではないことを示したのは自民、公明だと思う」と反論した。



マクロミルへ登録

EBウイルスって何?

小事件が勃発しました。
二女が入院しました。
それが先週の金曜でしたので、
昨日は病院へ行って説明を聞いたりとか
なんやかやで
こうなるとブログも「書く気はあるけど、こころ此処にあらず」という感じ。

話せば長くなるので略す…

ともかく、この一件で8月1日より続けていた「断煙」が
あえなく潰えた。…”ついえた”と読んでください。
いろいろ考えを巡らしているうち、ふと気がつけばキセルに火をつけていた。ので断煙がついえた
34日目だった。
つまり一か月ちょっとで ジ・エンド…
でも効用もあったのです。
喫煙さいかいとはならないのである。
どういうことかと言えば、
むかしほどタバコが旨くない…。
くゆらしても、肺へ吸い込んでも昔ほどの香味がない。
つまり一か月の断煙効果は
タバコがまずくなる、という結果を生んだ。
これこそ「青天の霹靂」
逆転の発想  の具現化である。

だから今は完全にタバコの存在を忘れている。
昔は
「酒にタバコ」
「コーヒーにタバコ」
そして「考えごとにタバコ」だった。


マクロミルへ登録

敗軍の将、兵を語る…

4gantry


 遅すぎた夏の宴が終わった。
 予想通り…というより予想以上の選挙結果になった。

 いつものシラケムードの選挙から言えば、多くの点で前進ファクターがあった。
 なによりの成果…k名刀の惨敗。これは自民のそのものの敗北より数段インパクトが強かった。
 また、小泉チルドレンの大退潮は郵政の逆行・時代の逆行を思わせるが当然の帰結でもある。

 麻生さんの敗軍の将の弁は
 「多くの同志を失い、誠に残念至極に思っております。総裁としての責任を強く感じているところです。この際、自由民主党の総裁を辞任したいと考えております」。
 そのうえで、「自民党としては、速やかに開かれた総裁選挙を行い、新たなスタートを切るべきだと思っております。また、政権の奪還に向けて、党を再生していかなければならないと、強く思っております」と語った。

「敗軍の将、兵を語る」のは難しい…。

 かつて、日経ビジネスで
「敗軍の将、兵を語る」の特集をやっていた。
3年前の2006年10月24日号から

このかたに語っていただこう…。
wakani said 

敗者が敗因を語るのは難しい。
実際読んでいても、7,8割は「いいわけ」、「責任転嫁」、「投げやり」に聞こえてしまう。
中には敗者としてのコメントを求められているにもかかわらず、なぜか過去の栄光の自慢を始めちゃう猛者もいる。

そんなアウェイな状態でも評価される人もいないではない。
例えば、顧客情報の流出での対応が評価されたジャパネットたかたの高田社長や、「号泣会見」で有名な元山一證券社長の野澤さん、など。(前者は儲けすぎだが…)
同情に足るような立場だったということもあるし、本人の魅力もあるし、発言にしっかり反省と分析があるということもあるだろうが、やっぱりピンチの時にどんな行動をとったかということが大きいんじゃないかな。

非難ごぅごぅの人もいるよ。
NHKのエビジョンイルとか。(これは海老沢帝王のこと)
自分で出て行ったくせにのこのこ自民党に返ってきた河野洋平とか。
衆議院選挙で落選した時のホリエモンとか。

●ちなみに、この出典は
敗軍(はいぐん)の将(しょう)は兵(へい)を語(かた)らず
〔出典〕 『史記』淮陰侯列伝
〔解釈〕 戦いに敗れた将軍は兵法について語る資格はない。失敗した者はいさぎよく失敗を認め弁解がましい事を言うべきでない。(Yahoo!辞書 大辞泉 【敗軍の将は兵を語らず】)
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。