スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チコと鳩

chikoと鳩
 マンション猫は一日中すまいの中に閉じ込められている。それを可哀そうと思って、いつの頃からか近くの公園へ「社会見学」に連れて行くようになった。…しかし猫は何かに驚いてパニクルと思わぬ行動に出るので一抹の用心もしなければならない。かつてマンションのエントランスで先代が犬に驚き、わたしの腕を血だらけにして暴れて逃げた苦い経験がある。
 公園に連れ出すとベンチに腰かけて、ハトとスズメにパン屑を投げる。それぞれ30~40羽ほどが集まってくる。パン屑を一つまみ、ちぎっては空に投げる。スズメは私の腕の動きに注目していて、パンが落ちてくるタイミングにあわせ、空中でうまくキャッチして素早く逃げる。また地面に落ちたのを素早くスクイーズするのも大抵スズメである。鳩は目の前の地面に落ちたのを見て初めて気づいたようにくちばしにくわえる。動きはズズメに比べ、かなりおうようで緩慢といってもよいくらいだ。
 動物記で鳩は目が良いように書いてあるが、動態視力ではスズメには敵わないようだ。パンクズの殆ど半分はスズメがいただいてしまうので、人間とはちがってハトは図体の大きいくせに割り勘負けするタイプのようである。
スポンサーサイト

大阪駅北口が消えた…

エキキタビル

 ひさしぶりに四国から旧友が来たので、ホテルグランヴィアの19階のパブレストランに行った。
 ここは夜景がわりといいのと待ち合わせに便利なのでサムタイム利用する…。
 窓ぎわは予約客に取られていてダメだったが、窓越しに見れば、巨大なクレーンが2本、目の前にニョキッと立っている。
 美観をそこねることはなはだしい。

ニュースをググッてみると

”大阪駅「新北ビル」姿あらわす”

大阪市北区で建設が進む大阪駅北新ビルが姿を現し始めた=27日午前10時29分、大阪市北区。 JR西日本が大阪駅再開発として建設中の「新北ビル」(地上28階、地下3階)がその姿をあらわし始めた。

 新北ビルは、平成23年春の開業を目指して建設が進められている。現在は鉄骨の外側にパネルをはる作業が行われており、大阪の新しい「顔」が、形をなしつつある(←ケッタイな表現だ/「新しい顔ができつつある」でいいんでないの?)。
 同ビルには、百貨店の「JR大阪三越伊勢丹」がテナントとして入居する。23年春の開業時には、阪急百貨店や大丸などと激しい競争を繰り広げることになりそうだ


翌日、旧友を阪急三番街へ見送って、車で昨夜見たところを通ってみたら、なんと大阪駅北口がつぶされてなく、工事中。駅と並行していた道路がぶち切られてヨドバシ迂回路になっちまってる。
 またまた昭文社さんも地図訂正でオオモウケするだろうし、それより、わたしのアタマの中のカーナビをまた修正セにゃならん…。

高齢者無料職業相談所

高齢者無料職業相談所
http://www.wel-osaka.jp/ikigai/ko1a_2.php
高齢者無料職業相談所は還暦以上の人には使える。
求人数こそハローワークに遠く及ばないが、れっきとした大阪市の紹介所であるし、応対してくれる担当者も若い人が多く懇切丁寧。
私にシンクタンクを紹介してくれたMさん(女性たぶん二十代)も本当に親切だった。面接の後、採用の連絡があった時、そのことを報告したら我がことのように喜んでくれた。

道順

ナオミの夢って懐かしい


Be-2の「ナオミの夢」
オリジナルは、第1回(1970年)東京国際歌謡音楽祭(世界歌謡祭)グランプ リ受賞曲。「ナオミという名はイスラエルの女性にも多いとか…」
 ヘドバとダビデの声しか知らなかったので、このボディコン・脚線美しいの二人は新鮮…。
80年代後期にデビュー、CD時代まで生き残って今も現役だそ~な。
Be-2は松本伊代のバック~真美キャプを経て念願の単独デビュー、だったのでしょうか?自慢の脚線美を武器に年齢も考えず(…っていくつなんですか?誰か詳しいかた教~えて)
ちなみに御両者の名前すら知りません

ナオミの夢

yodoyabashi
 なつかしい人からメールが来た…。
 現任社の一つ前でアルバイトをした或る会社で一緒だったナオミさんからだ。
 ここは4大に属するシンクタンクらしく、仕事は「研究員補助」と書かれてあり、数か月の超短期。むにmuni以外に採用されたのは殆どが女性で、入ったときには前任者が二人おられた。その一人がナオミさんで、もう一人はユウコさん。二人ともママさんということが後でわかったが、ばりばり仕事をこなす感じでとても既婚とは見えなかった。男はといえば、少し遅れてもう一人、塾の先生だという人が加わっただけで、社員である研究員もほとんどが3~40代。本部長という偉いさんが唯一むにmuniに近い世代という有様で、どう見ても私がここにいるのはミスマッチだった。昔のことわざにも
 『雑魚のとと混じり』  (ざこのととまじり)
というのがあるが、まさにその感じはまぬかれない。
 もし社員に紹介されて「ひとことを…」なんて言われたら、これをヒネッて話してやろうか、と考えていたが、幸か不幸か、その機会はなかった。
 補助員の仕事は大阪市に報告すべきデータを作るため、区役所を訪ねて選挙人名簿を写したり、そのための封筒書きなど、アンケートの資料作りに関する雑用一切というところ…。
 このシンクタンクは淀屋橋の一等地にあり、周りを圧するひときわ目立つビルディングの最上階の2フロアを占領している。といえば分かる人には分かるだろう。
 一昨年の7月から10月までわずか5ヶ月間だったが、色々貴重な経験をさせてもらった。
 ここに採用になったいきさつから…これまでむにmuniの就活はいつも’ハローワ-ク’だったが、この時は西成区にある「高齢者無料職業紹介所」からだった。ここは60歳以上限定で就職を斡旋しているところで、知っている人も少なく、また求人もハローワークとは比較にならぬほど少ない。

この項つづく…

森林浴の余禄

福寿草
 今年も森林巡視の仕事が始まった。
 きのう5月3日が今年度第1回目となる。
箕面の山は相かわらず緑の風にあふれ、ハイカーたちのいでたちにははや半袖姿が目立つ。
 昨年うりぼうと出会ったのは6月だったなあ。今年はどこで巡り合うだろう、とめぼしいルートに思いをはせる。
 きのう目立ったのは箕面川にそって群生していた「シャガ」。勝尾寺林道の終点にも咲き乱れていた。これを持参のケータイカメラで撮影しておいたのに、帰って見てみるとどこにも残っていない。SDカードが壊れたようだ。
 しかたがないので嫁さんの作った「花ライブラリー」
http://yuiits.web.infoseek.co.jp/library/index.html
で見ると
著莪

和名:シャガ・アヤメ科
季語:初夏<著莪の花>しゃがのはな
別称:胡蝶花
花期:5~6月 多年草
No.416b6/著莪(しゃが)
とある。

ついでにあちこち覗いていたら「福寿草」に目が止まった
(冒頭のphoto)。
 これは「春を告げる花の代表」で元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。福寿草という和名もまた新春を祝う意味があるので早春の花に違いない。春一番に咲く身近な花だけに、様々な別名を持っている。
元旦草、元日草、正月草、歳旦草、朔日草、長寿菊、長寿草、報春花、土満作・・・。
 福寿草の花言葉はその名の通り、『幸福・しあわせ』を意味し、あわせて長寿をも意味すると言う。

 ところが「ナツザキ福寿草」(夏咲き~)というのもあるらしい。写真で見ると真っ赤な花びらに真ん中の雌蕊が青い、とても綺麗な花でした。

 やがて稀少となった「ササユリ」も開花するだろう。これは箕面の山でもほとんど見かけなくなった。いまはビジターセンターの遊歩道の路傍にたった一輪だけ植えられている…。



幸せなWEDDINGを永遠に!


A8でアフィリを始めよう!


プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。