スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府って破産会社?

南港百景
大阪府財政課のコメント
 「大阪府が地方自治法上の破産状態である’財政再建団体’であるとか、夕張市と同じ財政状態にあるというのは間違いで、知事が『破産会社』と言うのは、政治家として言っているだけのことです」。

 大阪府の財政規模は3兆円。これに対する借金5兆円は、一般家庭にあてはめれば、年収500万円で900万円の住宅ローンを抱えているのと同じ状態だ。

 そもそも、府の財政危機の最大の要因は何かといえば、関西空港をはじめとする関西財界主導の大規模開発と、同和対策事業特別措置法(同特法)が施行された1969年度から2002年度までの33年間、2兆8116億円もの予算が投じられてきた乱脈同和行政にある

        『誰も書けなかった日本のタブー』一ノ宮美成…p180

 こういう論評もあることを見落としてはならない、と思う。

 私の学生時代、M君という部落出身の同期生がいて、彼がまだ差別いちじるしい時代に同じ出身ではない女性と幾多の障害を乗り越えて、結ばれた。参列者は二人の高いこころざしと勇気に心からの祝福をおくり、それは実に感動的な結婚式だった。
 そういう記憶があるから、私は同和対策には若いころから好意的であり、両親の差別意識に大喧嘩をしたことさえある。
 しかしここ10年くらいは、それが行き過ぎてしまい、昨今の不祥事のように同和対策昂じて「逆差別」に転化しているように思われてならない。
 果断に霞ヶ関に物申しているチャレンジャブル精神を持っているなら、足元のアンバランスを直視して、そろそろ、ここにメスを入れてみる勇気を期待したい。







スポンサーサイト

沈む船から鼠が逃げる?

ヴィーナスセブン
読売によると

「橋下改革余波、医師職11人退職…予算減で「思う仕事無理」
…4分の1にあたる11人が3月末に中途退職」。


 医師の資格をもって公衆衛生政策を担当する大阪府の医師職の職員45人のうち11人が3月末に中途退職するそうな。

 橋下徹知事の財政再建策に伴う給与カットや担当分野の予算削減に対する不満などを退職理由に挙げ、「橋下府政では思うような仕事ができない」と明かす退職予定者もいる。橋下改革への不満が府庁内部から噴き出した形で、府は「職員の士気が落ちている証し」と危機感を募らせる。

 府によると、医師職は医師免許を持ち、府健康福祉部で医療行政を所管するほか、14か所ある府保健所で衛生や保健業務を担っている。例年、医師職の中途退職者は2~3人だが、今春は11人が退職を希望。行政事務を担う3人と保健所長ら出先機関の8人で、部次長級の幹部職員も含まれている。
 退職後は、民間病院で医師として働いたり、他の自治体に転職したりするという。

 府は昨年8月から医師職を含めた一般職員の基本給を最大16%カット。また、生活習慣病の研究や循環器疾患の予防などに取り組む府立健康科学センター(大阪市)の新年度運営事業費を前年比約4000万円減の6億7000万円にカットするなど、医療対策費の削減も進めてきた。

 退職予定者はこうした財政再建策に不満を漏らしているといい、退職する課長級職員は「すぐに結果を求める橋下知事の下では、成果が見えにくい研究や、予防業務に、十分な予算措置を期待できない」と話す。

 府は大量退職を受けて、府内の自治体に派遣している医師職を引き揚げる一方、医師職採用の年齢制限を従来の「40歳」から「64歳」に引き上げ、随時採用する方針。府幹部の一人は「予算のカットで、仕事へのやる気を失わせてしまったといえる。

 府職員の人件費削減を巡っては、退職金の5%カットを実施する直前の昨年7月、カット前の金額を受け取るための「駆け込み退職」が続出。前年の3倍を上回る33人が府庁を去った。入庁希望者も減り、高校卒業者を対象にした今春の募集では志願者が前年度比36%ダウン。府立5病院の看護師採用でも応募数が定員割れした。

                              3月29日 読売新聞

 タイトルに書いたように
橋下氏は府職員の給与水準を全国最低水準に抑える大ナタをふるった。
その影響が早くも現れたということで、
「医師職」のようにツブシが効く資格で給与カットされたら
ネズミの如くはやばやと沈没船から逃げ出すのも道理だ。

しかし、この人たちはまだいい。
ツブシがきかない一般職や教職などの職員は
逃げ出したくてもおいそれとは行かないだろう。

むには府職員の知り合いはないし、
WTCの府庁移転にはむしろ
「前例のないことこそやる価値がある」とまで好意的だったが、
就任1年にして、だんだんメッキが剥がれてきたように
思われてならない…。









WTC府庁移転…「完全燃焼。悔いはない」

月さびし

橋下知事提案のWTC府庁移転条例案否決 
         大阪府議会2009年3月24日   asahi.com

 大阪府議会は3月24日未明、橋下徹知事が提案した「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC)への府庁移転条例案を否決。
 内容は無記名投票の結果、総数112のうち賛成46、反対65、無効1となり、反対票が大きく上回った。橋下知事は本会議後、「完全燃焼。悔いはない」と報道陣に語った。

 移転条例案の採決は、自民が本会議前に「記名投票」か「無記名投票」かの態度決定をめぐる議員団総会で紛糾し、24日午前1時50分すぎから始まった。
 賛成票は46票で、可決に必要な3分の2(75票)以上の賛成に遠く及ばなかった。
 WTCビル購入費103億円を盛り込んだ補正予算案の無記名投票でも、総数111のうち賛成40、反対69、白票2で、反対票が上回った。

 移転条例案と予算案が否決されたことを受け、大阪市は経営難に陥っている第三セクターのWTC社の会社更生法の手続きを進める方針。WTCビルについては原則的には入札が実施され、府が参加することも可能だ。

 ただ、橋下知事は本会議後、「チャンスがあれば臨機応変に」としながらも、庁舎整備については「基本的には耐震補強」と語り、現庁舎を耐震補強して利用を続ける考えを示した。橋下知事の労をねぎらいに府庁を訪れた大阪市の平松邦夫市長も「(市議会の)委員会には府庁移転がなくなったと報告する」と報道陣に語った。

 一般府民の感想はどうだろう?ここから下は某三流S紙の記事

 堺市民:
「府庁がWTCに移転すれば堺市にも近くなり便利だった。地元の商店からは客が取られると心配する声もあったが、逆に競争が生まれて堺市も盛り上がると期待していた」。
 枚方市民:
 「府庁が移転すればそれだけ物流があり、仕事も増えたと思うだけに残念。府民に過剰な期待を抱かせた面もあったのでは」と否決を残念に思う声がある一方、移転の目的や議論について疑問を投げかける声も。

 高槻市民:
 「あんな遠いところに府庁を移すというのは不便。はっきりと主張する橋下知事は支持しているが、なぜ移転しなくてはならないか、府民にとってはわかりにくい」。

 豊中市民:
 「大阪北部の住民からすれば、WTCは地理的に遠い。若い知事としての発想として移転を変化の象徴にしたかったのかもしれないが、議論が足りなかったように感じる」と話した。


 これらは某三流紙が取材したコメントだが、自分たちの居住地からの利便性ばかりを言っていて、記者の取材姿勢(レベル)が低すぎる。
 もっと大所高所から本質的な意見を言う人を取材すべきで、この新聞の記者のオツムの程度を露呈した。

 むになら、こういう風に言うだろう。
 たしかに発案そのものはユニークで面白い。
 「大阪に変化を」のスローガンも賛成できるが、与党・とくに公明の反対が打撃だったね。この党はいったん支持して推薦してもすぐに裏切る体質があるのか?
 ともかく、この移転案は「橋下の人気取り策」じゃないかという見方が出てきて、逆風になっちまった。耐震性とか利便性とかは「理屈と膏薬はどこにでも付く」という伝で、マスコミ受けするアドバルーンに刺客が針を刺したようなものではないか。
 橋下氏に信念があるなら、もっと得意の情報操作を駆使してPRし、以後の府会でも提案しつづけたらどうだ。






月よりの使者

 『月よりの使者』を思い出したひともあるでしょう。

佐々木 俊一作曲 佐伯 孝夫作詞

1949(昭和24)年の竹山逸郎と藤原亮子のヒット曲。

 これは映画にもなり、歌も大ヒットしたらしいが
 メロディーだけがかすかに記憶にある。
 かなり年長だった兄や姉が歌っていたような気がする。
 女性歌手のソプラノが、まるでカナリアが頸を絞められて歌っているように思えるほど…苦しげで切なげだった。
 だから男性(竹山逸郎)から歌いだした時はちっと驚いた…
 
歌詞
 
(1) 白樺ゆれる 高原に

  竜胆(りんどう)咲いて 恋を知る

  男の胸の 切なさを

  啼け啼け山鳩 幾(イク)声も

(2) 夜霧の駅に 待つ君の

  おもかげ強く ふり捨てて

  儚(ハカナ)や月に 泣き濡れし

  白衣の袖よ いつ乾く

(3) 人目も草も 枯れ柳

  恨みも恋も 散る宵に

  ふとまた逢えば 増す想い

  未練か夜も 眠られず

(4) 幾春秋を さまよえど

  真(マコト)のえにし 結ぶ日は

  月よりの使者 想い出の

  りんどう抱いて 来るという


橋下知事の高支持率の中身は?

或る三流紙(もちろんS紙)によると

「橋下知事に物申す」 藤本義一さんらが政治手法に警鐘鳴らす

2009.3.16 00:03

 80%超の高支持率を誇る橋下徹・大阪府知事の政策や政治手法に疑問を唱える作家の藤本義一氏ら有志らが企画したイベント「橋下府政・高支持率の裏側で、今」が15日、大阪市中央区のエル・おおさかで開かれた。
 知事の文化行政について講演した藤本氏は「文化や伝統を自分の意識で解釈し、メディアが取り上げることを満喫しており、知事としては問題」と批判するなど、各界の有識者がそれぞれの立場で橋下府政に疑問を投げかけた。


 就任1年に合わせてs新聞社が行ったインターネット調査で、支持率が81・6%を記録するなど人気は高い。橋下知事は、こうした高支持率を背景に財政再建など府政改革に取り組んでいる。

 一方、有識者の一部からは、橋下知事の政治姿勢を危ぶむ声もあがっており、藤本氏や橋下知事が新人弁護士時代に所属していた樺島法律事務所の樺島正法弁護士らが橋下府政に警鐘を鳴らそうとイベントを企画した。

 イベントでは、藤本氏のほか、京都大の本山美彦名誉教授が「危ないぞ!橋下知事の経済政策」と題して講演。防災面の不安などを理由に、府庁舎の大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)移転案に反対する姿勢を示した。

 橋下知事の高支持率の中身については色んな見方がある。
 むにに言わせると、是々非々であり、
何といっても一番受けたのは
「霞ヶ関の役人…云々」発言。とかくオカミに盾つきたい風土の関西人にとってはインパクトの強い物言いだ。
 また中央・国に対して、かつての太田落下傘などが思いもつかないようなレジスタンスを見せることも大阪人の気持ちをチクリと刺す。

しかし、府職員の給与を全国最低レベルに落としながら、
同和予算にはまったく見直しも削減もない…というのは納得できない。

WTC移転案も、どこかしら人気取りのアドバルーンの色合いが見えてきた。

らお屋ってまだあるのかな

らお屋
パイプ煙草は絶対の少数派

ヒジョウに爺爺むさいが私はきざみ煙草を愛用している。

自宅ではパイプで喫うこともあるのだが、
外出時には携帯用の「小粋(こいき)」というパイプを愛用している。
ところが、これがすぐに煙草のやにが溜まって、すぐつまる。
なので半日に一回はやに掃除をしなければならず、
これが面倒くさい…。

そこでタバコ煙管の掃除屋「らおや」という商売があるかどうか
ググッてみた

羅宇仕替屋(ラオシカエヤ)」
‥‥今のような紙巻煙草のない頃は、キザミ煙草をキセルで吸った。キセルの口をつける部分を吸い口、煙草を詰める部分を雁首と言う。その間を竹の筒でつなぐが、これが羅宇(ラオ)である。消耗品なので羅宇仕替屋がこの羅宇を取り替えてくれた。

落語にはよく出てくる。

貧乏花見 ☆ 「羅宇仕替屋(ラオシカエヤ)」‥‥キセルは三つの部分からできている。
吸い口、羅宇(ラオと読む。竹の管)、雁首(刻み煙草を詰める)の三つ。
羅宇は煙草のヤニが詰まったりするので消耗品。この羅宇を取り替えてくれる商売。


らおや」【煙草用語】
刻み煙草は、煙管で吸います。煙管は金属の吸い口と、刻み煙草を入れる火皿を竹の管で接続しています。この竹管は、ラオスから渡来した黒斑竹を用いたことからラオといわれ、羅宇と書きます。「ラオ屋」は、ラオに詰まった脂を蒸気で溶かし抜く商売。蒸気で笛を鳴らしながらクルマを引いて町から町を歩きました。葉巻き煙草が全滅の時代となりましたが、その手軽さからポイ捨てや歩きながらの喫煙など、エチケットが守られていないような気がします。ラオで吸う刻み煙草は丁寧に扱われ、吸い終わると灰皿である煙草盆へきちんと捨てられたものです。

http://e-mono-jp.net/?page_id=169
羅宇屋(らうや)
羅宇屋と書いてラオ屋と読みます。これって何と思われる方がとても多いと感 じますので、やはりご説明いたしましょう。最初は煙管(キセル)の話から、 時代劇などでも煙草を吸うシーンがあると長いパイプのようなものの先に、ち ょいと丸めた刻み煙草を詰めて火を付け一服と言った具合。

まだ紙巻煙草など無い時代ですからあたりまえですが、ヘビースモーカーには 面倒なものかもしれません。このキセルの構造は火皿・雁首(ガンクビ)・羅宇 (ラオ)・吸口と名称があり、分解すると3つの部品(真鍮・竹・真鍮の順)と なる。普段、使用していると煙草にはヤニがつき物ですから管の中がヤニで詰 まって吸い心地が悪くなったり、竹の部分がわれたりしてひどくなると使用で きなくなってしまう。

ここに登場するのが「ラオ屋」です。要するに、煙管(キセル)の修理と清掃 が専門の職人なのです。特徴は、「装束」と「ピーー」と音のする小さなリヤ カーを引いてくるため離れていてもすぐに、それとわかる。 頭には菅笠(すげがさ)をかぶり、黒のパッチ(肌にぴたっと合った股引のよ うなもの)を身に付け、小さな前掛けをかけ地下足袋でリヤカーを引いてくる。

ピーーと音のする原理は、ラオ竹を加工するために小さなボイラーのようなも のを稼動させ、蒸気が出ている煙突に笛を付け蒸気の圧力を利用しているため です。何とも合理的で粋な宣伝ですが、そばで聞くととても甲高く耳障りでし た。ラオ竹とはラオス産の竹でキセルに向いていたようです。

お客さんがキセルを持っていくとその場で預かり、一時間程度で新品同様にし てくれます。その作業をそばで見ていると、いとも簡単に分解してしまう手つ きのよさは、プロの職人。掃除だけの場合と、竹の交換、金具の交換など色々 と対応していました。工賃はいくらだったかは忘れましが、普段のものですの でそんなには高くは無かったような記憶があります。

また、リヤカーには道具箱のほかショーケースもあり彫り物がしてあるような 高価なものから一般の価格の商品までが数は少ないですが陳列してありました。 時代の変化とともにキセルを使用する人も少なくなり羅宇屋さんも見かけなく なりました。唯一、数年前まで浅草雷門のそばでがんばっていた羅宇屋を営ん でいた方もいなくなり消滅したのでしょう。

http://www.miyamoto-net.net/
ラオし替え屋
宮本岳志HPより
”たけしExpress”
妻がある会合で、米朝一門の落語などを書いておられる落語作家の熊
沢あかねさんとお会いしたとき、妻も私も米朝さんの大ファンだという
ことで話が弾み、この「らおしかいや」の意味を聞いたというのです。
 熊沢さんは言下に「老紙買い」ではなく「ラオし替え屋」だと教えて
下さったとのこと。ではこの「ラオし替え屋」というのはどういうもの
か。
 「ラオ」というのは何と「ラオス」のことで、ラオスから渡来した黒
斑竹(ラオ竹)を使ったことから、キセルの火皿と吸口を接続する竹管
のことを「ラオ」あるいは「ラウ」というのだそうです。
 そのキセルの「ラオ」を「し替える」、つまり掃除したり取り替えた
りする商売が「ラオし替え屋」だということで、「ラオ替え」とも「ラ
オ屋」ともいわれたようです。そうなると「荷」というのはカゴではな
く、ラオの掃除道具や替えるための「ラオ竹」などを入れたものだった
のでしょう。

橋下かハシシタか


ha橋下
『橋下「大阪改革」の正体』について 

ほかの人の感想もあげておこう

或る尼崎の武道家さんは

  …本書に100%賛同するわけではない、例えば巻末に述べられている「大阪を福祉先進自治体とすることで人材を呼び込み活力を取り戻す」はお題目としては結構だが財源については何も触れられていない。
 橋下改革には賛同できる部分も少なくない、ほとんどの府民に縁のない文化団体に対して大鉈をふるったのは評価されていい。しかしながら片方で大企業バンザイの企業誘致、貧者(あえて弱者と言わず)切捨て、同和問題についての怪しげな対処など疑問を生じる部分も少なくない。
何より「最初にマスコミありき」という部分が胡散臭さを感じさせてしまうのだ。
物事の二面性、マスコミ操作について勉強させられる著書である。

橋下の高率支持の中身

Rfutou埠頭
或る人の調べによると、
 関西のウラ利権を追及してやまないジャーナリストの一人
「Y・I」…註1…氏が、
橋下府政のウラの裏を告発した本が発売された。


 大阪府の財政破綻のでっち上げを端緒に、
 それに基づく緊縮財政による社会福祉切り捨て、
 一方で財界、同和団体など既得権益層への露骨な擦り寄り
と、それに付和雷同する在阪メディア…
など、大阪構造改革の暴走を赤裸々にする。
橋下知事ってのはそれにしても、このひとって、
本当にただ政治家になりたかっただけのヤツ。
そうでなきゃ、選挙公約をはじめ、過去の言動を
クルクル変える言動の説明がつかない。
 知事就任後、学力テストの市町村別結果の公開に
露骨な圧力をかけるようになる。
ノック(破廉恥横山漫才師)とウワバミ(これって房江落下傘?)
のあとに、この弁護士ターレントありってところなんでしょうか。
 なんだか、財政再建を柱とするコーカイを掲げて
地方の首長になったあとに国政に進出する…
電波芸者のおさだまり?

電波芸者ってのもピッタリな表現ですね…

 しかし支持率80%というのも恐ろしい数字。
 まるでファッショだ…
  府政にヒトラーあらわる?

 かつて漫才師を当選させた不定見な府民。
 唯々諾々と落下傘房江を受け入れた不節操な府民…。

 WTCの移転には賛成のむにも、
だんだん橋下人気が怖くなってきた。

 もちろん私は橋本などに投票したわけではない。


註1…
一ノ宮 美成(いちのみや よしなり、1949年 - )はフリージャーナリスト。
大分県出身。同志社大学文学部卒業後、新聞記者を経てフリーランス。
同和利権の真相シリーズなどの著書でグループK21や寺園敦史とともに、
部落解放同盟批判、同和利権批判を繰り広げている。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。