スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤高のタワーWTC

wtcake.jpg

WTCは商都大阪の孤高のタワーである。
大阪港ではいわゆるランドマークになっている。
港に出入りする船舶から一番早く目に入り
地上で道に迷いそうになってもWTCを捜せば方角がわかる。

これを大阪人は「なにわのシンボル」として
誇っていいのではないだろうか…
ところが、このWTC、大阪市の第三セクター
正式名が「大阪ワールドトレードセンタービルディング」
という施設が莫大な借金を抱えているというのである。
すでに第1次破綻を経て
いまや第2次破綻が懸念されている。
2008年春時点で、借金は527億円。
この借金をMBS市長(平松さんのこと)は銀行に対して「放棄してほしい」と交渉しているけれど…。そもそも、こんな巨額な債務を作ったのは誰なんでしょうか?
それを究明しないで、そして責任をはっきりさせないで債権放棄を迫っても、
それは無理でしょう。

責任者は誰なんですか

歴代の市長
歴代の役人さまトップ陣
歴代の市会議員の賛成議員

これらにすべて連帯責任があるのは当然でしょうけど、
釈然としないのは
こういう歴代市長を選び続けてきた大阪市民には
一端の責任はないんでしょうか~~。

WTCは黙って立っている。

ひとり孤独に立っている姿を見ると
時どき可愛そうになるときがある。
WTCそのものには何の罪もない…。

天才は生前、大衆に理解されないで不遇のうちに終る。
終るのが常だった。
例外も多い…しかし
いまのWTCを見ると、そういう孤高の人を想う。


スポンサーサイト

「うりぼう」と遭遇しました

うりぼう


むにの週末の楽しみ
初夏の緑の中、林野巡視をしていました。
その途中、イノシシの仔「瓜坊(ウリボウ)」に出会った。

ここは昨年、ニホンジカを目撃したところ、
箕面川林道といい、ふだんハイカーも入らないところ。
ここで可愛いウリボウがいました。

林道はアップダウンもない楽な散策路、
なにげに山道を眺めていると、
20mほど先にハトのような影が見える。
そっと近づいてみると
動きがモゾモゾとしており鳥らしくない。
目を凝らしてみると
なにか小動物のよう…。
カメラを構えていると、ソイツが動いて
トットット歩いてくる。
こちらに向いてくるというのは
人間を恐れていない、ということだ。

よく見ると、何と体長25センチほどの
イノシシの仔「ウリボウ」だった。
トット私の膝元まで来て
フイと見上げてやっと人間と気付いた風情。
可愛くて、思わず空いたほうの手を伸ばした。

するとヤッパリ怖いのか、スルリと逃げ、
我々がきた方面へ避難した。

相棒の巡視員と相談した。
「連れて帰ろうか?」…とわたし。
「でも親が出てきませんかね?」…とO氏(おー)さん。
「冗談だけどボタン鍋にしようか?」…
これは『猫』の読みすぎの私の悪乗り。

結局、うしろがみを引かれながらバイをした。

来週もココに来てみよう。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。