スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の雫を入れる器をもて…

wtc炎上
余のローマが燃えておる
と言ったのは
暴君(といわれている)ネロである。
 そのあとに続くフレーズは
なみだの雫を入れる壺をもて…」
であったとか。
自ら放火させて燃え上がる
おのれの都を見て
ネロは、こんなことをほざいたらしい。

いま若葉の季節、夜明けは早い…
4:44にはしらじら明け、5時になるとは
南港でも巨大な朝日がのぼってくる。
これを来迎といった古人の感覚は正しい。

その圧倒するような朝日のエネルギー、
それが
WTCの鏡面に反射する一瞬、そのほのお、
この角度を捉えると、
まるで
巨大な塔が根元から燃えているように見える。
スポンサーサイト

怪人七面相 プラス ?

ネタが尽きたわけでもないが…
そろそろ引越しのシーズンかも
と思っています。

プロフィールでも書いたが
むにの正業はSOHOの一員である。
(ただし、かの " H……ライフ " とかいう
マルチまがいの「SOHOなんとか」
  とは一緒にしてもらいたくない)

かつて'80年代以降ちょっとしたブームとなった
「スモールオフィス・ホームオフイス」を嫁さんと一緒にやっている。
だから、あなたの仕事はと聞かれたら
ときに返答に窮してしまう。

まるで怪人20面相だが(古いッ)
ある時はカメラマン
ある時はコピーライター
ある時はスタイリスト
ある時は編集者
ある時は社長
ある時は……運転手
とにかく広告制作に関する「何でも屋」といった方がはやい。

これは[むに]の午後の顔である。

そして午前の顔が「運行管理者補助者」である。
これは早朝点呼員とも言って、実働7時間。
時給1,300円だから、×7で¥9,100、
これが日給ということになって半日の実入りとしては良い線をいく。

そうして、もうひとつ週末の顔が「森林保護員」…。
これは土曜・日曜に1日または2日勤務して、日給¥13,500…。
月によって勤務日数が違うが、5日~9日だから、
¥67,500から121,500ということになる。

この二つで給料をもらっているので
「勤めている」という、仕事に従事している時は「給与所得者」
パートタイマーである。
この二つを合わせると
月に約27万円の所得となるわけだ。

この二つの仕事に就いて
色んな分野で沢山の目を開かせてもらった。

それを書きつつ少しでも誰かの役に立てれば…
と思った。

⇔ハローワークが「派遣」を渋るのは?

ちょっと気になる記事
娘もハケンにいたが、
やっぱり正社員が…
とか言っていた。
実態は[むに]にはよくわからんが。

口コミ派遣情報トップ3

「あの会社はとても親切に対応してくれた」
「自分にあった条件で選んでくれた」など、たくさんある派遣会社を選ぶ際、
やっぱり聞いておきたいのが実際にその会社を利用した人達の生の声。
そこで人気派遣会社のサービスを登録・利用したユーザーにアンケートを実施し
!なぜその会社を選んだのか、どこが良かったか、
働いた後の感想などリアルな意見を元に、
今もっともユーザー満足度の高い派遣会社がわかるランキングを発表!

これって、どこまで真実なのだろうか?

聖子の口ぐせ…⑥ 『 雨か蛇か 』

新・私的生活


離婚後、ぐうぜん大阪の街で再会した
乃里子と剛
外は杮然と降る雨、車中での会話…
別れの時が近い


「じゃ、ね、バイ」
といったら、
「いや、バイとかさよならはやめろよ」
「何ての」
「これからは、『雨か蛇か』というのを挨拶にしよう。
ただし鼻つまんでいう」
これからって、もう会えないかもしれないし。
「カタいこというな、誰も会う、いうてえへんわい。けど、どこでまたバッタリ、
いうことになるかもしれへん。
そのとき食いつきそうな顔してることもないやろ、
そないいうて、ニコニコする気もない、というとき、
鼻つまんで『雨か蛇か』と挨拶し合う。――いうてみ」
「いやだよッ!」
だってこの語を、鼻をつまんでいうと、どう聞いても、
〈 △△△しようか 〉
に聞こえるんだもの。これ、昔、剛の教えてくれたもの。
「いわな、おろしたれへんド」
 剛はわざと面白がって凄む。剛も会社の副社長室では、
そんな大阪弁は使わないんだろうけど、
私といると果てしなく紐がほどけてくるみたい。
 私は鼻をつまんで、
「雨か蛇か」
 といったら剛は、
「いやや」
といい、大声で笑った。
まあ、ほんとうに。
 久しぶりの大笑いだった。剛は図に乗り、
「もういっぺん、いうてみい」
というから、私もふざけて、もういちど鼻をつまんで、
「雨か蛇か」
といったら、剛の奴、こんどは、
「しょう!」
「バカ!酒も飲まんと、ようそんなこというわ」
といってやると剛はまた、大笑いした。

(後略)

『苺をつぶしながら』講談社1989・11・10[第9刷]
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。