スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアの就活ウラ・オモテ

2月5日の日経新聞 朝刊によると

定年再雇用の待遇改善・有能な人材確保
 定年退職者の再雇用制度を導入した大手企業が再雇用者の待遇改善に乗り出した。
 コマツは管理職経験者などを対象に年収を最大で従来の2倍の1000万円に引き上げ、清水建設は4月から給与を1―2割増やす。
 団塊の世代が退職期に入り人手不足や技能伝承の懸念が強まるなか、有能なベテランを最大限活用する狙い。
 こうした動きが広がれば、昨年初めて1000万人を超えた60歳以上の就業がさらに拡大し、労働力不足を緩和する効果が期待できそうだ。

 2006年に施行された改正高年齢者雇用安定法は、企業に社員の雇用期間を段階的に65歳まで引き上げるよう義務付けた。
 高齢者雇用の手段には、再雇用を中心とした「継続雇用」のほか、「定年延長」「定年廃止」の三つの制度がある。
 このうち定年でいったん退職して能力などを条件に再雇用する制度が一般的。厚生労働省の昨年6月調査(約8万2000社)では、「継続雇用で対応」が86%を占めた。

…この日経の記事に
安堵の胸をなでおろしたのは、おそらく一部上場企業かそれに準ずる規模の会社の定年者たちくらいだろう。
中小企業・零細企業の高齢者は、こうはいかない。
また、長い不況でリストラされたシニア達は、なにをキレイごとを…
とドッチラケしているにちがいない。
現実はもっともっと厳しいのである。
それが証拠に一度どこでもよいから各地の職安か
ハローワークをのぞいてみたらいい。

どれほど多くの求職者が詰めかけているか。
スポンサーサイト

パート労働法は使える

この4月から施行される「改正パート労働法」とは

正社員と同じ働き方をするパートの労働者を賃金などで差別することを禁じる

これについて最近、大阪地裁に提訴したニュースが
NHKで報道された。
これはパートタイム労働者には追い風である。

いま、この内容を研究中であるが
なにしろ「DTI」から「雨風呂」へブログを引っ越し中なので
[むに]の脳細胞は分裂×分裂×分裂の
真っ最中…
お友達・お気に入りブロガーさん
しばし更新が停滞警報ですがスミマセン

しかし応援には足しげく出かけていますので
ouenポチはさぼっておりません…

時給5,500円って誰の…

今日『週刊文春』を読んで驚いた

なんと社保庁の年金相談のバイトの時給である。
世間がワーキングプアにうめいているのに、
かのテイタラクの社保庁が民間に委託した
「もしもしホットライン」という会社職員の時給である。

少ない方から書くと(「もしもし○○社」の場合

①オペレーター…………………@2,390円
②バックオフィスオペレーター…@2,800円
③スーパーバイザー……………@3,200円
④管理者………………………@5,500円
なのだそうだ。
これを国会で蓮ほう議員が質問したらしい。

時給の比較として、ネットお友達の◎◎ちゃんさんは
アメリカの例として次のように書いている。
………◎◎ちゃんさん有難う!…

(超パイプライン仕事術より抜粋)

平均時給 米国労働統計局資料より 1ドル105円換算

・ファーストフード店の調理師 660円
・ガソリンスタンド店員    771円
・警備員           886円
・小売店店員         958円
・秘書           1245円
・屋根職人         1431円
・車の整備士        1467円
・トラック運転手      1478円
・消防士          1641円
・郵便配達員        1721円
・金融機関の窓口      2105円
・コンピュータープログラマ 2695円
・科学技術者        3091円
・科学者          3489円
・弁護士          3841円
・歯医者          4662円
・医者           5150円

(後略)

これを比較すると、
なんと社保庁が委託したB社の管理者は
軽く「医者」の時給を上回っている。

現在、私は時給1,300円なので
さしずめ

・秘書           1245円
・屋根職人         1431円

このあたりに属するようだ。

ともかく社保庁のバイトになって
年金相談者の窓口業務をやれば
最低でも@1,750円もらえる(低い方のA社の場合)
B社ならば最低が上にあげた@2,390円である。

お役人さんの金銭感覚には開いた口がふさがらない…


ワーキングプアからの脱出③


前項を補足するため、法科大学院の学費ランキングを上げる

最低から最高まで約3倍の格差があるが
初年度でこれだけ必要なのである。

校名 初年度 授業料 他 入学金
中京大学 110 80   10    20 ………最低
名城大学 113 88 12 13
北海学園大学 117 87 10 20
愛知学院大学 120 90 20 10
姫路獨協大学 130 120 0 10
久留米大学 135 110 1 24
西南学院大学 136 110 13 13
上智大学 137 82 28 27
広島修道大学 138 105 5 27
神戸学院大学 140 120 0 20
専修大学 141 95 26 20
関東学院大学 143 92 23 28
学習院大学 144 111 18 15
創価大学 144 100 20 24
甲南大学 145 110 20 24
立教大学 145 108 15 22
同志社大学 146 107 14 25
関西大学 147 105 16 26
関西学院大学 148 100 25 23
法政大学 149 108 14 27
神奈川大学 150 76 49 25
近畿大学 150 130 0 20
南山大学 150 100 20 30
青山学院大学 151 100 22 29
駿河台大学 152 99 27 26
立命館大学 152 112 10 30
愛知大学 155 100 30 25
早稲田大学 156 120 10 26
明治大学 156 116 13 27
獨協大学 170 130 20 20
白鴎大学 170 120 20 30
山梨学院大学 170 118 32 20
龍谷大学 170 130 20 20
東北学院大学 172 120 25 27
京都産業大学 173 128 18 27
慶応義塾大学 175 120 45 10
国学院大学 175 130 20 25
成蹊大学 180 120 30 30
東海大学 180 150 0 30
東洋大学 180 140 13 27
明治学院大学 182 125 27 30
駒澤大学 184 120 39 25
大東文化大学 184 159 3 22
福岡大学 185 150 12 23
大阪学院大学 195 105 60 30
中央大学 200 140 30 30
大宮法科大学院 205 160 25 20
桐蔭横浜大学 240 180 30 30
日本大学 300 200 0 100…………最高

…この項続く…

ワーキングプアからの脱出②


前項では何だか評論家かエコノミストみたいなことを
書いてしまった。
しかし実感はそのままだ。

今日は数字を離れて
「政治家の世襲が流行るようにワーキングプアも世襲される」
ということを考えてみよう。

「地盤・看板・カバン」の3バンが無ければ政治家になれない
ように、最後の鞄につめこんだゲンナマがなければ選挙に
勝てない…。この3拍子を持っている親はやはり政治家で
ないと…というわけで福田氏もアノ人もコノ人も二代目が続く。
その予備軍はうじゃうじゃいる。
ところでワーキングプアも世襲する可能性がきわめて高い。
たとえ親が共働きで頑張って働いても年収400万以下で
しかもボーナスなどが無ければ子供の教育費が出ない。
となると世帯費の中で真っ先に不足するのは教育費…。
たとえ出来のいい子供を育てても、大学はおろか
高校進学までシンドイということになる。
最近の例でいえば、法曹界への入口である司法試験は
アメリカ型の裁判制度へのシフト志向で、
かつての超難関から「規制緩和」され、
「法科大学院」卒業が優遇?されるようになった。
(卒業生の半数が司法試験に合格する)

…このあたりの文脈はたくさんの補足がいるけれども…

ところが、この「法科大学院」の学費が異常に高額なのである。
弁護士や裁判官を志しても、まずは
授業料が用意できない子弟は、まずアタマから諦めるよりない。

[むに]の小学生時代の同級生でいつも首席だった二人は
二人とも裁判官の子供だった…。

…この項さらに続く…

ワーキングプアからの脱出


統計によると日本のワーキングプアの総数は
…男性…
   2001年………約185万人
   2005年………約217万人
…女性…
   2001年………約303万人
   2005年………約328万人
…合計…
   2001年………約488万人
   2005年………約545万人
                    厚生労働省
             「賃金構造基本統計調査」による(孫引き)
2005年の数字を見ると
これは全労働人口の約25%に相当する。
つまり4人に1人はワーキングプアであるということだ。
…しかも、この数字の推移で顕著なことは
男性の増加率が2004年度から急に飛び上っている.。
(2003年までは190万人前後で漸増だったのに…)

おそらく2007年度、昨年はもっと高い比率になると予想される。

この数字の基礎は
「所定内賃金が年間200万円未満の人数」で
残業や一時金などは含まない。
しかし東京都の生活保護基準が同じ200万円以下と
されているので、ほぼ「生活保護が必要な経済状態」
だと言えるだろう。

どうしてワーキングプアが増えるのか
その最大の理由は
企業が長い不況の中で学んだこと
会社規模の再編・縮小つまり人件費の削減だ
言いかえれば「正社員」の割合を減らして
非正社員(パート、バイト、派遣など)を増やしていることがある。
そのためにあらゆる産業で「リストラ」が恒常化した。
しかし景気回復・テコ入れとともに労働力は必要となる。
最近の求人紙の「パート・派遣求人」の多さが
それを如実に示している。
さらに「少子高齢化」「労働省力化」が拍車をかける。

団塊の世代が定年を迎えても
大手企業の退職者はまだしも
中小・零細企業の退職者は退職金も少なく、
年金支給年齢まで遊んでいるわけにはいかない。
つまり大幅な収入カットでも働くことを余儀なくされる。

マクロで見れば、こういう要因が
ワーキングプア激増の背景にあると言える。

…この項つづく…


全世界的ワーキングプア


 ワーキングプアとは一体どんなことをいうのか
を考えてみた。
 タイミングよく今日の毎日新聞の「書評」欄に
養老孟司氏がこんなことを書いている。

中略

 「ビルゲイツ一人の年収がアメリカの下層四割の
人たちの年収の合計に匹敵する」という
 ここで養老氏は「へえ~と、いうしかない」と
感心し、さらに
 「当たり前だが、それぞれの社会に金持ちもいれば
貧乏人もいる。アメリカはそれが極端であるらしい。
中国もそうだという…」

その後、数章ののち同じ文中で

「アメリカ農務省のデータによると、2005年にアメリカ
国内で『飢餓状態』を経験した人口は3510万人」という
 これは全人口の12%に当たるらしい。

 こういう事実に養老氏は独自の見解を書いているが、
それはともかくとして、これらが多分真実であるなら
日本もよく似たようなものであろう。
 ごく卑近な例で恐縮だが、最近どのショッピング・
センターに行っても、駐車場の料金係がどんどん
減っていて殆どが機械化されている。
 公園や市街地でも同じで、人間の働く場が駆逐さ
れているのが目につく。
 こういった所で行われる省力化が一体どこに向かう
のかを考えると、それは単直には「働く場」の激減で
あり、需給関係からみると、労働力の供給過剰という
ことになる。
 使用者側は安価な労働力を求め、供給側は過当競争
に甘んじて「そこそこのところ」で我慢しなければ
ならぬ。
 わたしが驚いたのは、昨年採用されたある会社では
パートタイマーは働きたくも「週40時間以上はダメ」
といわれた。
 これなどはまだ良い方で、その半分20時間くらいが
パートタイマーの週平均シフトだという。
 月収に直すと最高でも月12万~16万くらいである。
こういう身近な例を考えただけでも、啄木の
「働けど働けど…」という嘆きとは次元が違っても
実感となって迫ってくるような気がする。

69歳の大学生って…?

名古屋タイムスから拾った話題
すごい方もおられるものです…

古希の大学生「60歳からの主張」佳作に
■愛知学院大聴講生の今尾信行さん
 名古屋市名東区社口の今尾信行さん(69)がこのほど全国老人福祉施設協議会が募集した「60歳からの主張」で佳作入賞を果たした。
 今尾さんは会社を退職後、6年間愛知県内の大学へ通学。若い学生に交じっての講義、コンパで知的好奇心、若さに満たされている日々をつづり、そのさわやかな主張が評価された。
今尾さんが語る生き生きとした“幸福な老後”に耳を傾けた。(中)

■若者の中で日々新鮮
「インターネットを見て応募。入賞の連絡をもらいながら勧誘電話と勘違いして1度は電話を切ってしまいました」
 募集は60歳以上の男女が対象で小論文、俳句、川柳など。今尾さんの小論文は371作品の中から優秀賞、佳作計6受賞作の一つに決定、14日に表彰された。2002年から愛知学院大学(愛知県長久手町)の開放講座を受講。美術部に所属、若者と交流する充実感を表現している。
 「他大学でも受講しましたが、同年代がほとんど。今はゼミクラス約30人の中で最年長学生。若い学生と一緒になって学ぶのは楽しいですよ。開放講座は文学、経済、法学部など幅広い分野で単位に関係なく学べるのがいいですね」
 これまでに数10講座を原則で1年間受講し、修了証書も数10枚に。週3日通学、計5時間受講。欧米文化比較や日本酒文化論から経営、宗教など分野は多岐にわたる。
 今尾さんは名古屋市生まれ。大阪大学経済学部に進学したが「60年安保」で学園が荒れて、中退。家業を手伝うなどして30歳でトヨタ自動車入社。関連会社を経て62歳で退職。自身の学生時代と比べて現代の学生気質に新鮮な驚きを感じるという。

■純情さにびっくり!目からうろこの「今時の若者」
 「教室にペットボトルを持ち込むのは当たり前で授業中にサンドイッチをほお張る学生も。でもみんなまじめで素直。欠席扱いでも最後の5分間講義を受けに来る。最初は仏頂面で話しにくいと感じていましたが、いざ話すとわたしを先輩として立ててくれます。“今時の若者は…”の考えが変わりましたね」
 美術部ではアクリル画を楽しんでいる。コンパにも付き合う。
 「部室にはテレビゲームと漫画があり、学生は普段は遊んでいます。展覧会が近づくと制作に入ります。男子が好きな女子に何も言えないという。わたしが伝えようかというと“そんなことをされたら生きていけない”と言う。純粋なんですね」

■高齢者は日々の生活充実を
 2男1女は独立、自宅では妻(65)と2人暮らし。1日にワイン1本を開ける酒豪。
 学生と飲み、朝帰りしたことも。若者より高齢者の将来が気掛かりな様子をみせる。
 「素直でまじめな若者に日本を任せても大丈夫だと思っています。でも仕事一筋に一生懸命やってきて定年になり、次の1歩が踏み出せない高齢者が多いですね。踏み出すきっかけをつくるのは行政や社会の役割でしょう。
 老後は人生のロスタイムではなくセカンドライフ。無駄にするのはもったいない。わたしはこれからも好きな勉強を続けるつもりですよ」
 古希を迎えた現役大学生の意欲がまぶしい。

http://www.meitai.net/archives/20080128/2008012801.html



(2008年1月28日)




大阪城にこだまする外国語

DSC03733_25.jpg

 昨日、全国的に列島は大雪だったようだ。
 ぼた雪が一面に積もりかけるのを見て思い立ち、
雪景色を撮りに、急きょ車に飛び乗った。
 目指すは大阪城…。多分樹木も雪をかぶり、意外に
面白い風景が撮れるかも…と子供のように意気込んで
勇躍デジカメをかかえて走ったのである。

 道中もぼた雪は激しく降り続き、あちこちで渋滞している。
 坂を避けて何とか上の宮台地に到着…
 いつもの公園ひがし側に駐車し、車外に出ると、ずぼりと
足がめりこんで、靴が見えない。8センチほどの積雪だ。
ウオーキングシューズに履き替えて、新雪を踏みしめ
慎重に天守閣方面へ…。

 みどりの松にかむった雪が何とも幻想的な風景を見せる。
しかし撮影してみても、その「緑」が写りこまない。
明るさが足りないのだ。
 いかにカールツアイス2.0でも色が出ないのは仕方がない。
それでも30カットほど撮り、やっとたどり着いた堀端から
石垣ごしに天守閣を遠望した。
 これがその写真だが、降る雪が画面に写りこんで、
なんの写真かわからなくなった。

 この撮影行の途中、城内でたくさんの観光客に出会った。
じゃんじゃん降る雪をものともせず、ファミリー連れや
カップル、はては団体さんなどが行きかう。
 そういえば、今日は三連休の始めの土曜日…。
 観光客は雪だといって予定変更はできないやね、
まあ、無理もないか…と何とも思わなかった。
 しかし、ちょっと様子がヘンなのである。

 何がヘンかといって、この観光客さんはほとんどが外国人
なのだ。
 しかも、驚いたことに圧倒的に中国語が多い。
 時には英語や韓国語の人にも行きあうが少数で、
日本語を聞くのはきわめて少なかった。
 タバコをすいたくなって入った売店のおばさんの
かけ声を聞いて「あ、やっぱり日本なんだ」と思ったくらい
といえば誇張になるかもしれないが…。
そういう錯覚を招くくらいの希少さだった。

 そうか、中国の人たちは日本に観光旅行に来られるくらい
景気がいいのだなあと実感した。

 あすは「日本のワーキングプア」について書いてみる
つもりである。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。