スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的いじめ/集団的虐待?

唐突に現在の境遇にふれる…
現在、大阪南港でいじめグループにうとまれ、
数人によるシフトいじめに遭っている。
スポンサーサイト

⇔ハローワークが「派遣」を渋るのは?

ちょっと気になる記事
娘もハケンにいたが、
やっぱり正社員が…
とか言っていた。
実態は[むに]にはよくわからんが。

口コミ派遣情報トップ3

「あの会社はとても親切に対応してくれた」
「自分にあった条件で選んでくれた」など、たくさんある派遣会社を選ぶ際、
やっぱり聞いておきたいのが実際にその会社を利用した人達の生の声。
そこで人気派遣会社のサービスを登録・利用したユーザーにアンケートを実施し
!なぜその会社を選んだのか、どこが良かったか、
働いた後の感想などリアルな意見を元に、
今もっともユーザー満足度の高い派遣会社がわかるランキングを発表!

これって、どこまで真実なのだろうか?

来月4月1日から施行の改正パート労働法

来月から施行のパート労働法
まさかエイプリルフールに終わらないでしょうね

その骨子は
労働厚生省のHPから見ると

①「正社員と同視すべきパート労働者」の待遇を差別的に取り扱うことが禁止されます。
改正法第8条

正社員(通常の労働者)と同視すべきパート労働者
(正社員と職務(仕事の内容や責任)が同じで、人材活用の仕組み(人事異動の有無や範囲)が全雇用期間を通じて同じ※1 で、かつ、契約期間が実質的に無期契約となっているパート労働者)
のすべての待遇について、パート労働者であることを理由に差別的に取り扱うことが禁止されます。

   ※1 「人材活用の仕組みが全雇用期間を通じて同じ」とは、パート労働者の職務が正社員と同一になってから、雇用関係が終了するまでの間の人事異動の有無や範囲が事業所の慣行などから判断して同一と見込まれる場合をいいます。

②(1)以外のパート労働者の 賃金、教育訓練、福利厚生 については・・・

【 賃 金 】
改正法第9条
パート労働者の賃金を決定する際は、正社員との均衡を考慮し、職務の内容、成果、意欲、能力、経験等を勘案する※2 ことが努力義務化されます。

さらに、正社員と職務と一定期間の人材活用の仕組みが同じ場合は、賃金を正社員と同一の方法で決定する※3 ことが努力義務化されます。

★ 対象となる賃金は、基本給、賞与、役付手当等が予定されていますが、今後省令で定められます。

   ※2「職務の内容、成果、意欲、能力、経験等を勘案する」とは・・・
    ★例えば、パート労働者の賃金を事業主の主観やパート労働者だからという理由で一律に決定するのではなく、職務の内容や経験に応じて賃金を決定することをいいます。

<見直し前>
時給は一律 ¥850 → <見直し後>
職務内容と能力のレベルに応じて段階的に賃金を決定する。


   ※3「同一の方法で決定する」とは・・・
    ★例えば、正社員と同じ賃金表を適用する、正社員が職能給であればパート労働者も職能給にするなど給与制度をそろえ、同じ評価基準によって賃金を決定することをいいます。


【 教育訓練 】
<改正法第10条>
正社員との均衡を考慮し、職務の内容、成果、意欲、能力、経験等に応じてパート労働者の教育訓練を行うことが努力義務化されます。
さらに、正社員と職務が同じ場合は、正社員に行う職務の遂行に必要な教育訓練について、既に必要な能力を有している場合を除き職務が同じパート労働者にも行うことが義務化されます。

【 福利厚生 】
<改正法第11条>
健康を保って働くための施設や業務を円滑に遂行するための福利厚生施設について、パート労働者に利用の機会を提供するよう配慮することが義務化されます。

★ 対象となる福利厚生施設は、 給食施設、休憩室、更衣室が予定されていますが、今後省令で定められます。

とかく役所の書く文章というのは
こういう杓子定規で、にわかに理解しにくいが
とにかく一言にしていえば
「同一労働同一賃金の原則」を
パート・派遣・アルバイトであろうと
雇用形態の違いを理由に崩してはならない
ということでしょう。
裏を返せば、それが現場では横行している
ということになる。

森林浴の余禄

勝尾寺園地

週末の[むに]のバイトは森林保護員という面白い仕事。
去年春から採用になったのはいいのですが、
はじめの一日目は、どうなることかと思ったくらいきつかった。
これまで数十年ほとんど車での移動やデスクワークばかりだった
だけに、いきなり10キロの山歩きはまるでゴーモン…。
二人でチームを組んで、国有林の自然歩道などのハイキングコースを
巡視して回るのだが、初日は同行者に迷惑をかけるくらい
グロッギーになってしまった。
主な仕事は入込者を監視したり枯損木を見つけたりするのだが、その余裕もなく、
息も絶え絶え目はうつろ、脚はパンパンよろよろ歩き、
まるで森の放浪者といったていたらく。

その思い出の初巡視の出発点が、この勝尾寺園地(PHOTO)。

ところが優しい同行者のアドバイスを受け、
まず靴をかえてリーボックの一番高いウオーキングシューズを買い、
登りはシェルパのようにユックリと歩き、頻繁に休憩をとって
巡視するようになると、こはいかに…
慣れもあるだろうけど、以来、週1回の山歩きはカラダを激変させた。

階段を上がり降りしても息が切れない…
なんだか視力が回復したように思う…
そして
半年の後には何と尻の筋肉が上がってきた。
たぷついていた臀部の肉が締まってきたのである…
その上、◎◎まで治ってしまった…。

まさに趣味と実益をかねた週末バイトだったわけ。
ところが
お正月をはさんで3週間ほど、この勤務が休みになった。
するとテキメン、尻の曲線が旧に戻ってしまった…
カラダは正直である。
やっぱり週一は山歩きをしていないと…
と痛感した。

もう一人の同僚に聞くと(この人はジム経験者である)
やはりカラダ作りは週2回やらんとだめだそうだ。

おそらく仕事で、でもないと山歩きなどはまっぴらという
アーバンにんげんだった[むに]…
この経験は一石何鳥にもなる貴重なものだった。
プロフィール

ゆいつむに

Author:ゆいつむに
 …漢字では「唯一無二」…これを横文字では ” yuiits " と略す
 …浪華は大和川のほとりに棲息…ブログで書く2つのテーマ 以外に6つの顔を持ってる…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
おきてがみ







ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。